INDEX-Part 1
インストール パソコンを起動すると



Windows 8のスタート画面 ブラウザを使う
スタート画面の専用アプリ機能を使う スタート画面から従前のWindowsのデスクトップ画面
に切り替える
スタート画面に戻る スタート画面でエクスブローラを開く
従前のデスクトップ画面でエクスブローラを開く スタート画面でのタイルの操作
Windows 8でソフトをインストールする Windows Storeからアプリをイントールする
全アプリケーションの一覧を表示する Windowsのスタートボタンがない!?
デスクトップの操作 パソコンの操作をする/コントロールパネル等
USBメモリーの操作 Windows 8を終了や再起動する
タッチパネルディスプレイでないのにWindows 8で
どうしてもタッチ操作をしたいときには・・・・
Windows 8を簡単にシャットダウンする―便利ソフトを利用
ソフト・アプリがフリーズしたときの操作法


    


INDEX-Part 2/Windows 8 の便利な使い方

へ行く―
Windows 8 の操作のまとめ―これでポイントがわかる図 ス タイル画面の操作のポイントはこれ
デ スクトップ画面の操作のポイントはこれ Windows 8 の動作環境について
スタート画面 からデスクトップ画面に切り替える デスク トップ画面に切り替えてエクスプローラを表示
すべてのアプリ ケーション一覧を 表示して、
アプリを検索
タスクバーにある アプリを起動する
ファイル名 を指定して実行するボックスを表示 PC画面をロックしてロック画面を 表示
Windows 8 で画像・写真を見る PC設定画 面を開いて設定する
デスクトップ画面にごみ箱 がないとき エクスプ ローラはリボン式になった
SNS,クラウドサービ スとの連携機能 スタート画面専用 アプリの画面を閉じるには


Windows 8 のセキュリティ
Windows 8 の設定とシステムの操作
スタート画面の専用アプリの操作・その他の機能
へ行く へ行く へ行く
Windows 8 用便利ツール・その他の機能
Windows 8 のエクスプローラの操作・その他の機能
ユーザーを追加する、SkyDriveを使う、
外部ソフトをインストールする
へ行く へ行く へ行く
Windows 8 用システムメンテナンス・最適化
Windows 8.1のインストール・操作法

   


     


  






2012年10月26日にWindows 8の製品正式版がリリースされました。
正式版は、Windows 8,Windows 8 ProとWindows 8 Enterprise(企業向け)およびWindows 8 RT(ARMプロセッサ用)でリリースされています。

一般への販売は、Windows 8,Windows 8 Proです。
Windows 8 Enterpriseは企業向けです。
32ビット版と64ビット版の両方が用意されています。

Windows 8とWindows 8 Proの主な違いは・・・・
Windows Media Center、仮想化ソフトウェア、ディスク暗号化ツールは、Proには搭載されるがWindows 8通常版では搭載されない

操作について、この図解で、マウスでクリックとあるのはタッチパネルを使用している場合はタップするということである

なお、Microsoftアカウントと連携している機能があるので、Microsoftアカウンに登録加入(無料)しておいたほうが便利である
―すでに登録して利用していれば、そのまま使える

従前、メトロ画面と呼んでいたスタート画面は「W8スタイル画面」に名称変更されたのですが、スタート画面 がわかりやすいので
スタート画面と呼ぶ。

Windows 8 の操作のまとめ―これでポイントが一目でわかる図はこちら


Windows 8.1のリリースについて



Windows 8.1が2013年10月18日にリリースされました。

その特徴(変更点)はこちらを参照してください。・・・・・ Windpws8.1 について/

Windows 8の利用者は、Windtowストアからアップデートができます
Windows 8.1を改めて購入する必要はありません

Windows 8のWindows 8.1へのアップデートの操作法はこちら



Windows 8.1操作法は基本的にはWindows 8と同じ・・・

こちらをご覧ください



一部を除いて、基本的には操作法はWindows 8と同様ですので、操作法は本ページをご利用ください。

Windows 8.1で変更された主要操作法はこちら


Windows 7風のスタートボタンが必要であれば・・・・・







重要・・・・・・・まずこれを読もう

SkyDriveとHot Mailは使うな!!!!
Windows 8,8.1とOffice 2013はウイルスソフト扱いだ
















     








インストール



Windows 8 製品版のインストール

Windows 8の製品版のメディア等により指示に従ってインストールします。

メディアは、32ビット版と64ビット版がある―Windows 8をインストールするパソコンによりいずれかを選択して使用する

Windows VistaにWindows 8 のアップグレード版をインストールするときは、Windows Vistaを起動して画面を表示しておいて、
DVDドライブにWindows 8のアップグレード版DVDを挿入すると、インストールが自動的に開始される―インストール画面になる

インストールは次のように進行する・・・・Windows 8のアップグレード版DVDによる場合の例

更新プログラムをダウンロードする−はいをクリックする
ダウンロード動作が進行する
更新プログラムのチェックが行われる
PCのチェックが実施される
プロダクトキーを入力する−パッケージに表示されている
ライセンスへの同意―同意する
引継ぎ項目の設定―個人ファイルの引継ぎか引継ぎを全くしないかの選択―通常は個人ファイルの引継ぎを選択する
自動的に再起動する
パーソナル設定―通常は簡易設定を選択しておく
PCへのサインイン―Windows アカウントのメールアドレスを使う−あらがじめWindows Liveのアカウントを取得しておくと便利―無料である
 (Windows Storeのアプリの利用などからは便利であるため)―アカウントのメールアドレスとそのパスワードをキーインする
Windows 8の使い方の解説が表示される
スタート画面用の専用アプリのインストールが行われる―デフォルトでスタート画面に表示されるものについて
Windows 8 のスタート画面が表示されて完了する

Windowsのアップグレードの注 意点はこちら

Windows 8からWindows 8.1へのアップグレードはこちらをご覧ください







Windows 8の基本的な操作方法




パソコンを起動すると・・・・

単独でインストールしている場合は、起動してトップ画面が表示される
他のOSとともにインストールしている場合は・・・・Windows 8を選択するとWindows 8が起動する



Enterキーを押す

ログイン画面が表示される

ここで、インストール時に設定したパスワード(Windowsアカウントのパスワード)をキーインしてEnterキーを押す

Windows 8のスタート画面が表示される

Windows 8のスタート画面―W8スタイル UI(W8スタイルユーザーインターフェイス:旧メトロ)画面

スタート画面はタッチパネル操作用に作られたものである

プレインストールされたアプリのパネルボタン(「タイル」と呼ぶ)が左側にカラーパネル(タイル)で配置されている
アプリをインストールして追加すると、そのタイルが右側に配置される―外部アプリのインストールは別のデスクトップ画面で行う
アプリのアイコンをデスクトップに表示する指示でインストールするとこのスタート画面にもアプリのタイルとして追加される

アプリの起動は、たとえば、ブラウザを起動させるには、左側のInternet Explorerのパネルをタップするか、タッチパネル機能のないディスプレイなら、
マウスでIEのタイルをクリックするとよい
別途インストールしたブラウザを使うのであれば、左側のそのブラウザのタイルをクリック、またはタップ、する



Windows 8のスタート画面−W8スタイルUI(W8スタイルユーザーインターフェイス)画面の動作見本動画・・・

 Windows8の全最 新機能が一発で見てわかるムービーまとめ
  

Windows 8.1のスタート画面―次のようになっている

この画面の下にある矢印ボタンでアプリ一覧画面に切り替えることができる



次がアプリ一覧画面である

黄色の枠で囲っているのが比較的よく使うアプリ・ツールなどである

Internet Explorer・・・ブラウザ、スタート画面のアプリの方が起動する
             使い易いブラウザのIEはデスクトップ画面で起動する

デスクトップ・・・・デスクトップへの切り替え

コンピューター、ライブラリ・・・・・エクスプローラ画面を表示する

PC設定―設定画面が表示される、Win8の各種設定はここで

アプリ・ソフトは何をインストールしているかにより異なる





ブラウザを使 う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 8 では、ブラウザは、2系統のものが利用できる
すなわち、スタート画面のブラウザのIEのタイルをクリックして利用できるIEとデスクトップ画面で利用できるIEである
IE以外のブラウザもインストールして追加できるものであり、これの起動は、メトロ画面に追加されるそのブラウザのタイルをクリックして行うか、
デスクトップ画面に追加されるアイコンなどから起動する

ブラウザのIEを起動する・・・・

スタート画面用のIE・・・・・

スタート画面のタイルの「Internet Explorer」をクリックして起動する



元の画面に戻るには、画面の左上隅をマウスでクリックして画面を切り替える


Windows 8.1でのIEの利用・・・・・・・・・・・・・・・・

スタート画面のInternet Explorerヲクリックすると、スタート画面のアプリのIEが起動する
操作性の良いデスクトップ画面のIは、デスクトップ画面に移行してIEのアイコンをクリックする―タスクバーに表示されている






デスクトップ画面のIE・・・・・

操作性に問題があるので、デスクトップ画面に切り替えて、IEを起動して利用したほうが良い

デスクトップ画面に切り替える
デスクトップ画面にするとおおむね、Windows 7の操作と同様に操作できる

画面の左下隅にマウスを移動して小画面が表示されたらマウスをクリックする
または、キーボードのWindowsキーを押す



ツールバーのIEをクリックすると起動する

Windows 8.1の場合もタスクバーに同じIEアイコンが表示されているのでこれをクリックする





重要:Windows 8/8.1では、IEは11であるが、スタイル画面のIEもデスクトップ画面のIEもサイトのFlash動画が再生できない
すなわち、YouTubeなどでFlashの動画が再生できないので、Windows 8のIEは使い物にならないということである
Windows 8でこれを回避するには、IE以外のブラウザをインストールしてネットの動画を再生するしかない−Firefoxなどがアドインで動画をダウンロードできて便利である
なお、Adobe Flash Playerは インストールできる


インストールしたブラウザを起 動してみると・・・

スタート画面に追加されたLunascape6のタイルをクリックかタップすると起動する
この時、画面はデスクトップに切り替わる
なお、インストールしたブラウザもデスクトップ画面でWindows 7などと同様の操作で利用できる





スタート画面の専用アプリ機能を使 う・・・・・

タイルのReaderをクリックすると・・・



PDFなどを閲覧できる
操作は画面下のツールバーで行う
元に戻るには、画面の左下の端にマウスを移動してスタート画面に戻る
このリーダーはPDFの機能に沿っていないので、PDF閲覧には適していない
このため、PDFを閲覧するには、Adobe Rederなどをインストールしてこれを起動して使うのが良い
Adobe Rederなどをインストールするとスタート画面のタイルボタンに追加されるので、このソフトのタイルをクリックする



プレイントールしてある専用アプリを使ったときの画面の切り替えは、画面の左上隅をマウスでポイントしてク リックする
複数の画面でも、どんどんクリックすると切り替わる





専用アプリの閉じ方はこちら
なお、アプリは閉じなくても良いこととなっている

スタート画面から従前の Windowsのデスクトップ画面に切り替えるには・・・・

画面左下隅にマウスを移動してそこをクリックすると次のように従前のデスクトップ画面となる
マウスを画面の左隅に移動させるとデスクトップ画面の小(サムネイル)画面が表示されるーこれが表示されたら、画面左隅をクリックする



デスクトップ画面が表示される



または、スタート画面の「デスクトップ」タイルをクリックする



または、Windows キーを押す(デスクトップ画 面からスタイル画面に戻るときも同じ操作か、または、WindowsキーとDキーを同時に押す)

Windows 8.1では・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックするとデスクトップ画面に切り替わる



Windows キーを押す―これがもっとも単純な操作でお奨め


スタート画面に戻 る・・・

元のスタート画面に戻るには、同様に画面の左下隅をマウスでクリックする―スタート画面の部分ではなく、下の画面のコーナー部分をクリック
または、Windows キーとDキーを同時に押す



Windows 8.1では・・・・・・・・・・

画面左下のスタートボタンをクリックするとスタート画面に切り替わる



あるいは、Windows キーを押す


スタート画面でエクスブ ローラを開くには・・・・・・・・

エクスプローラのタイルをクリックする




Windows 8.1では・・・・・・

ライブラリをクリックする








従前のデスクトップ画 面でエクスブローラを開くには・・・・・・・・

画面下のバーのエクスプローラアイコンをクリックする―デスクトップアイコンを作っていればそれをクリックする
エクスプローラが表示されて操作できる―操作はWindows 7と同様である




Windows 8.1では・・・・・・・・・・・・

スタートボタンの上でマウスを右クリックして「エクスプローラ」ヲクリックする




スタート画面でのタイ ルの操作・・・・・・・

タイルの削除をするには・・・・

削除したいタイルをマウスで右クリックする
画面下にアプリバーが表示されるので、「スタート画面からピン留めを外す」をクリックする



タイルを追加をするには・・・・(インストール時にアプリが(タイルとして追加表示されないときは
この方法でアプリのタイルを追加する)

全アプリを表示する ―Windows 7までの「すべてのプログラム」の機能に対応

スタート画面で、マウスを右クリックする
「すべてのアプリ」をクリックする



または、ショートカットキーを使うと一発で表示できる−WindowsキーとQキーを同時に押す

アプリ一覧が表示される―アプリ全体から探して操作するにはこの一覧を表示して行うと良い



スタート画面にタイルを追加したいアプリをマウスで右クリックする



画面下にアプリバーが表示されるので、「スタート画面にピン留めする」をマウスでクリックする
―なお、他の機能もツールバーにある



追加したアプリソフトのタイルが表示されている



このタイルをクリックすると起動する




Windows 8.1では・・・・・・・・・・

スタート画面の下にある矢印ボタンをクリックすると全アプリ一覧が表示される






Windows 8でソフトをインストールするには・・・

外部のソフトのインストールは操作を従前のデスクトップ画面が表示されて行うことになる
Windows Vista,Windows 7で使えるものはWindows 8 でも使える−同一系統のOSであるため

スタート画面にいるときは、デスクトップ画面に切り替える
切り替えるには、画面の右下隅にマウスを移動して、デスクトップ画面のサムネイル画面が表示されたら、左下隅を
マウスでクリックする―または、WindowsキーとDキーを同時に押す




DVD/CDドライブにソフトのCD/DVDを挿入してインストール操作する・・・・・・・

DVD/CDドライブにソフトのCD/DVDを挿入すると、ドライブに対する操作法を選択するために画面表示をするので
クリック、または、タップする指示が表示される
ここをクリックするか、タップする



セットアップの実行の部分をマウスでクリックするか、またはタップする



そのソフトのインストール画面が表示されるので操作する



無料ソフト等の提供先をブラウザでアクセスして入手しインストールする・・・・・・

無料ソフト集・・・こちら



ここではWoopie Video DeskTopという動画のダウンローダーをインストールしている
「無料ダウンロード」をクリックする



ダウンロードとインストールを指示に従って操作する



スタート画面にこのソフトのタイルが追加される
これをクリックするとこのソフトが起動する



従前のデスクトップ画面にもアイコンが追加されている



インストール型ではなく、圧縮ファイルを解凍する形でのソフトのインストールの場合・・・こちらを参照

外部ソフトをアンインストールするには・・・・

従前と同様であり、コントロールパネルを表示して、「プログラムと機能」をクリックして、
削除したいソフトを選択し「アンインストール」をクリックすればよい―Windows 7 と同様の操作である


Windows Storeからアプリをイントールする・・・・・

スタート画面を表示する
Storeタイルをクリックする



Store画面で利用するアプリをクリックする
「人気トップ」をクリックすると無料で人気のあるアプリ一覧が表示される




ここでは、ペイントソフトをマウスでクリックする
「インストール」をクリックするとインストールされる



Windows Liveのアカウントとパスワードをキーインして「サインイン」をクリックする
加入していないければ新規登録する



インストールされた
このタイルをクリックすると起動する



アンインストールするには、タイルの上でマウスを右クリックする



アプリバーが表示されるので、「アンインストール」をクリックする



デスクトップの操作は・・・

画面上でマウスを右クリックしてメニューから選択してクリックする
たとえば、ガゼットは次のようなものが使える






削除したりするには、ガゼットをマウスでクリックしてツールバーを表示して操作する



パソコンの操作をするに は・・・・・・

キーボードで、WindowsボタンとX(英字のエッ クス)キーを同時に押す
次のように操作系のメニューが表示される
たとえば、コントロールパネルをクリックするとコントロールパネル画面が表示されて操作できる
他のメニューも同様である―ここから、Windows 8 の機能・設定やパソコンの機能操作を行う



コントロールパネルが表示される



表示方法を「小さいアイコン」にすると機能が細分して表示されるので操作が容易である



または、画面の右上隅から下にマウスを動かす、または、右下隅からマウスを上に動かしてメニューバー(「チャーム」と呼んでいる)を表示して
「コントロールパネル」をクリックする
タッチパネルディスプレイでは、画面右側から左方向へスライド操作する



チャームが表示される
「コントロールパネル」をクリックする


Windows 8.1では・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンの上でマウスを右クリックして「コントロールパネル」をクリックする



コントロールパネルが表示されるので各種操作を行う


Windowsのスタートボタ ンがない!?・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 8では・・・・・・・・・・・・・・

Windowsのスタートボタンがなくなった

Windowsメニュー、すなわち、簡単なスタートメニューが表示できる

方法は・・・・

WindowsキーとXキーを同時に押す


画面の左下隅をマウスでポイントして、スタート画面のサムネイルが表示されたら、マウスを右クリックする



また、次の方法で対応する操作をおこなうようになっている
(タイル)
アプリケーションの起動は・・・スタート画面のアプリのタイルか、または、デスクトップ画面のアイコンをクリックする
アプリケーションの一覧の表示は・・・このよ うに操作して一覧を表示する
パソコンの操作をする各種機能は・・・・キーボー ドのWindowsボタンとXボタンを同時に押して機能のメニューを表示して操作する
パソコンの終了や再起動は・・・・このように操作す る


Windows 8.1では・・・・・・・・・・・・・・


不完全なスタートボタンが復活した

スタートボタンが表示されている



スタートボタンの上でマウスを右クリックするとメニューが表示される
メニューの操作ができる

例えば、シャットダウンは、チャームによらず、ここでシャットダウンをクリックするとシャットダウンができる



ただし、アホのマイクロソフトは、ソフト・アプリの一覧が表示できるようにしていないので、
ソフトの起動には、デスクトップのアイコンか、スタート画面のソフトのタイルをクリックする
必要がある

これを改善してXP, Vista , 7のようなスタートボタンとメニューにするには、次のツールを
インストールしよう―これは絶対の推奨だす
Windows 8, 8.1の両方で使える




USBメモリーの操 作・・・・・・・・・・・・・・・・

スタート画面でUSBメモリーを端子に挿入すると、デスクトップ画面に切り替わり、次の表示が現れるのでクリックする



リムーバブルディスクの操作選択が表示される
「フォルダーを開いて・・・」をクリックして開く



USBメモリーの内容がエクスプローラで表示される


CD/DVDの動作・操作法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Windows 8を終了や再起動するには・・・・「チャーム」を表示して操作

画面の右上隅から下にマウスを動かす、または、右下隅からマウスを上に動かす―画面の外側の隅の近く
W8スタイル画面(スタート画面)でもデスクトップ画面でも同じ位置である
または、Windowsキーと Cキーを同時に押しも表示される
タッチパネルディスプレイでは、画面右側からスライド表示操作する

右上隅


右下隅



メニューバー(チャームと呼ぶ)がスライドして表示される
「設定」をクリックする



「シャットダウン」をクリックする

再起動の場合は「再起動」をクリックする




Windows 8.1での終了操作は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Windows 8.1で新設されたスタートボタンの上でマウスを右クリックする



表示されるメニューで、「シャットダウンまたはサインアウト」の「シャットダウン」をクリックする

再起動の場合は、「再起動」をクリックする



これでシャットダウン、または再起動される




ソフト・アプリがフリーズしたときの操作法



スタート画面のアプリやインストールしている外部ソフトがフリーズしたときは
次のように操作してリセットする

キーボードの次のキーを同時に押す

Ctrlキー
Altキー
Deleteキー

または、Windows8.1では、スタートボタンの上でマウスを右クリックして、
メニューの「タスクマネージャー」をクリックする





タスクマネージャー画面が表示される

フリーズしたアプリをマウスでクリックし「タスクの終了」をクリックする



フリーズした外部ソフトをマウスで選択して「タスクの終了」をクリックする












へ行く

Top











Copy right reserved : 金型通信社

Windows 8等はマイクロソフト社の登録商標です