ネット詐欺への具体的な
対処方法























詐欺のサイトで物品の購入等を行い、騙される事件が多発しています。

もし、詐欺サイトで物品等を購入し、代金をクレジットカードで支払ったのに、
購入したものが使用できない偽物である等の詐欺に遭遇した場合は
次の各事項を参考に対応しましょう。

注―このページに収載しているページ画面は弊社の公式ホームページのものであり、
もちろん、詐欺関連サイトではなく、正式なページです。

ネットサイトで物品等を購入するときの注意点・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そのホームページが本物の購入先のホームページであるのかをかならず
確認する



 ネット検索でその会社名をキーインして検索する

 検索して表示したサイトが確かに購入先の会社のサイトかを検索結果から
 ページを表示してみる

 購入しようとしているものが本物のホームページの中にあるか確認する

 価格や購入方法は正確か確認する

  ―検索で探した購入先のページが本物のサイトと内容が一致しているか
    確認する

 不信点があれば送金する前に、本物のホームページにあるメールアドレスへ
 メールで確認する−本物のホームページのメールのフォームを使う−
 偽物かもしれない購入ページのアドレスで確認照会はしないこと

 本物のホームページの電話番号で電話をして確認する−販売消費や価格、支払方法など


例えば、弊社の例では・・・・・・・・・・・・・・・


ネットでホームページを検索する・・・・

いくつかの検索結果でも同様のホームページに行き着く―正しいホームページ



Company Profile会社概要で会社の概要やネットでの所品販売の法令に基づく表示があるか確認する

購入しようとしている商品を確認する―本物のページにあるかどうか
正式ホームページになければ、それは偽物を売ろうとしていることになる



その商品の内容や価格、購入方法を確認する−他のページと見たものに符合するのか



特に支払方法・支払先に注意する

詐欺の場合は、支払方法は足の比較的つきにくい方法であるクレジットカード支払い・銀行口座振込にしていることが多い

弊社では、郵便振替による入金方法メインにしている―振替口座の開設において開設者が明確である

振込先は正式なホームページ等の正式名称か確認する−正式な会社名以外が振込先名になることはありえない

正式なホームページにある注文方法や支払方法を確認する

照会先等が明示してあるか確認する

必要なら、メールや電話で確認する

メールは正式なホームページにあるフォームで送信されるものを使うこと

公式なページの支払い方法の例―弊社の場合



代金引換の場合は・・・

運輸会社で代引きの承認を得ているので、その許可で詐欺をしているものに
たどり着ける

代引を取り扱った運輸会社に調査を依頼しよう
宅配に使用された伝票や宅配の記録が重要な証拠だ

ネットショッピングする際には、そのページはブラウザで保存操作しておこう
―詐欺名とのトラブルで証拠と名の、犯人追跡の重要に資料になる




支払方法に犯人の重要な証拠・足跡がある・・・・・・・・・・・・

いずれにしても、詐欺犯人にたどり着く重要な証拠は、代金の支払い方法にある
クレジットカード会社や金融機関、運輸会社等に詐欺事件として支払先の調査を依頼しよう



支払方法とともに重要なのは、支払の日時の情報だ

この情報から、金融機関や警察は、金の引き出し等に関連して監視カメラの記録を調べる
このため、調査先には、支払日時を正確な情報を伝えよう


詐欺サイトのURLは本物のサイトのURLに偽装でき る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



詐欺物品等を購入したときのホームページのURLが正式な会社のURLになっていても、これは簡単に
偽装が出来る―これをURL偽装という

つまり、ブラウザのURL欄で正式な会社等のURLが表示されていても、実際には詐欺サイトに
誘導できて、それが表示されるように偽装が簡単に出来る

10行くらいのプログラムでURL偽装はできる

したがって、購入しようとしているページが正式なページかどうかはわからない

参考―URL偽装の方法

 ステータスバーのURLを偽装(?)す るタグを生成

 お手軽 URL偽装

このような偽装が行われているときは・・・・・・

詐欺のページに行く前のページ
詐欺のページ  を保存しておくこと

保存した詐欺関連ページのソースを表示してみると、URL偽装で、詐欺の犯人のサイトに
リンクするように設定されているのが判明する−これで犯人に近ずくことができる

そのページのプロバイダーに詐欺関連の調査―犯人の特定を依頼するとともに、詐欺関連ページの
閉鎖を依頼できる

ブラウザでソースを表示するには・・・これはIEの場合、どのブラウザも同様の操作



ソースプログラムの中に、URL偽装が埋め込まれていれば、犯人のWebページを
特定できる―画面表示のURLと実際にリンクするURLが記述されているため

そして、そのページのドメイン名から、プロバイダーを特定できる―このページに開設したプロバイダーの検索の仕方を参照





確認するには、ブラウザでネット検索を改めてして正式な会社等のホームページを表示して販売されている商品等を
再確認するのが適切である





偽物サイトで物品等を購入してしまった時の対応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


偽サイトで購入してクレジットカードで支払いをしてしまった

届いた物品が偽物で使えないなど問題があるとわかった
商品がダウンロードしたファイル等である場合、それらか使えないものであった

正式なホームページを探して連絡する・・・・・・・・・・・・

ネットで検索して正式なホームページを確認する

メールや電話の連絡先に直ちに連絡する

 購入した商品を販売しているか確認する
 支払方法などを確認する

偽物の詐欺であると判明したとき・・・・・・・・・・・・・



クレジットカード会社や銀行に直ちに連絡して支払を停止してもらう

そのときに、カードによる支払情報・口座振り込み情報を詳細に告げる
購入状況や正式な会社等に連絡して確認している事項を告げる

購入に使用した証拠を保全する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

購入の際に利用した関連ホームページをすべてブラウザで表示する



それらのページを「ファイル」の「名前を付けて保存」をクリックしてそのページをすべて
保存操作する



これを保存するのは、偽のサイトには、ブラウザに表示されている正しいURLの他に、
偽の詐欺ページへ誘導するURLが記述されている

この詐欺ページへ誘導するURLが重要証拠になる−このページの提供者が
犯人の場合がある

また、ダウンロードしたファイル等である場合は、ダウンロード元のサーバーの契約者・利用者に
犯人がいる―ダウンロード元のアドレスがわかる場合がある


偽ページの保存操作―ブラウザで操作する






商品がダウンロードしたファイル等である場合は、それを保存しておく

ブラウザの記録にも証拠がある・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラウザの閲覧履歴の記録、Cookiの記録も重要な証拠データである
これらを削除しないように注意しよう
犯人を追いかけるのにも役立つ記録データだ

ホームページのプロバイダーを調べる方法・・・・・・・・・・・・・・・・


次の方法で調査できる
詐欺ページのプロバイダーがわかったら、そのプロバイダーに直ちに連絡して
詐欺であることを告げて対応してもらう必要がある

「IPドメインサーチ」を利用する

IPドメインサーチ http://www.mse.co.jp/ip_domain/

検索の仕方−例として弊社のページを検索してみる

URLのこの部分をキーワードに検索する―実際には詐欺のホームページのURLを使う



IP orドメインの欄に:検索用キーワードをコピーして貼り付ける
「IPドメインSEARCH」ボタンをクリックする



検索結果が表示される
プロバイダー名や連絡先がその中に表示されている

電話番号も記述されている
電話番号等が表示されていないければ、プロバイダーの会社をネットでGoogleなどにより検索して調べる



プロバイダーが判明したら、詐欺に使われているページについて、
そのプロバイダーに詐欺であることを伝達して直ちに調査を依頼しよう



そのときに、詐欺に使われたページの情報、経緯などを説明し
資料を提供しよう


詐欺物品やダウンロードファイルなど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重要な証拠品なので保管し、調査してくれる金融機関等や警察に提供する

この場合、物品では、送付されたパッケージを含めてすべてを保管しておく

また、詐欺物品はビニール袋等に入れて指紋を着けないようにする

ダウンロードファイルはパソコンにそのまま保存しておく

これも重要な証拠品なので、削除などはしないこと
また、このファイルの中には、詐欺犯人の足跡があることがあるので、
そのまま保管すること

ダウンロードしたときは、ダウンロード元のログデータが記録されるので、
HDDを警察に提供して調査してもらうこと








クレジットカード会社で詐欺支払いの実態調査をしてもらうの が適当・・・・・・・・

ただちに、支払の停止を依頼し、支払がすでに行われていれば、支払先を詐欺で調査依頼すること
これで犯人に迫れる

次のものを提供する

偽の物品やデータファイル等の偽商品

支払関連情報

詐欺ホームページの保存ファイルなど


警察に通報する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クレジットカード会社とも相談して警察に通報する



罪名は、刑法の詐欺罪と著作権法違反等である

―「刑法」の詐欺罪は、支払をした時点で成立している
  「著作権法」違反は、正式な会社のホームページを偽装しているので、
  これを偽装ページをネット掲載した時点で著作権法違反が成立している
  また、正式な会社の名前をかたっているので「不当景品類及び不当表示法」違反が
   成立している

警察の操作では、パソコンの通信記録が全て調査されるので、HDDハードディスクを
警察に渡すことになる
警察対応となる場合は、パソコンは使用しないで、そのまま警察に渡して調査してもらった方が
通信記録などがそのまま残っているので適切である






Webページを参照していて偽詐欺サイトに誘導される場合―パ ソコンがウイルスに感染している可能性がある


アンチウイルスソフト
スパイウェアソフト を用いて駆除する必要がある

これは、警察などによる調査の後で行うこと
―ウイルス感染も重要な情報であるため




詐欺の入金等でメールを使う場合がある・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



詐欺の入金をメールで指示してくる場合がある

この場合は、メールのアドレスが、正式の購入サイトのメールアドレスと
異なることが多い―メールアドレスにも注意しましょう

受信したメールは削除しないですべて保存しておいて、調査するクレジットカード会社や
警察に提供しましょう





Top













  


射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿

Excel 2013と無料ソフトCalcの対比式図解

 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
初心者がワープロ感覚でホームページ作成

パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Acrobat 10とPDFの活用図解
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windows 7/8/10で無料ソフトを活用する図解
Windows 7の操作法図解
Word 2010 図解―対比式でわかる
実例図解Access 2007/2010
達人になる―PDF操作法大図解

Word 2013操作図解

実例図解FileMaker Pro 13 & 11 最新版

実例図解無料データベースソフトBase
対比式Excel 2010 操作図解
情報源リンク型の統計用語辞典
10ソフトの操作図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Windowsの無料ソフト活用とLinuxで1万円パソコン
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更












    Copy right reserved