電子メールアドレスデータの電子メールソフトでの利用方法
 
全国プラスチック金型関連企業・事業所名簿データCDの電子メールアドレス
データをMS-Outlookに取り込み連絡先・アドレス帳に収載・登録する操作方法
 
金型通信社
 
名簿データCDに収載しているプラスチック金型関連企業・事業所の電子メールアドレス
データを利用する時の操作方法を説明します。
2005年版の場合はkanagata-comapany-email2005.csvのデータファイル
 -2005年版の場合は−kanagata-company-email2006.csvのデータファイによります。i
 
具体的操作方法
 
Outlook Expressを起動します。(Outlook 2002で解説します。)
ファイルをクリックして、プルダウンメニューを表示します。

 
メニューのなかの、インポート・エクスポートをクリックします。
インポート・エクスポートウイザードが起動します。
ほかのアプリケーションまたはファイルからのインポート」を
選択して、次へをクリックします。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ファイルの選択画面で、CSV形式のデータですので、「テキストファイル(
Windows、カンマ区切り)」を選択し、次へをクリックします。
 

 
 
取り込み処理するファイルを選択指定します。
参照をクリックしてCDドライブの電子メールアドレスデータのファイルを
選択します。
 

 
次へをクリックすると、読み込むデータをどのフォルダに取り入れるかを
たずねられるので、「連絡先」を選択し、次へをクリックします。
 

 
読み込むデータの項目と取り込み先のデータ項目を関連付けるためのボックス
表示されるので、
 
 金型関連会社名を「名前」のところにドラッグ・ドロップします。
 県名を「住所」のところにドラッグ・ドロップします。
 電子メールアドレスを「電子メール」のところにドラッグ・ドロップします。
 

 
関連付けが完了すると次の画面になります。
次へをクリックします。
 

 
インポート操作画面が表示されるので、「完了」をクリックします。

 
 
連絡先ホルダーに次のように収載されて完了です。
 

 
 
 
また、ツールバーのアドレス帳には次のように登録されています。
 

 
 
これで、連絡先、アドレス帳を利用してメールの送信が可能となります。
 

 


 
Copy right: 金型通信社
Windows, Outlook, Outlook ExpressMicrosoft Corporationの登録商標です。