Windows 10でLibreOfficeを使う方法図解





無料ソフトウェア集










LibreOfficeリブレオフィスは無料のオフィスソフトです。
OpenOffice.orgという無料オフィスソフトがありますが、これの製作をしていたスタッフが独立 して、この
LibreOfficeを提供する組織を立ち上げて提供を開始したものです。日本語への対応も行われていま す。
ソフトの内容は、OpenOffice.orgとほとんど同一であり、今後のバージョンアップは、 OpenOffice.orgよりも
こちらのほうが順調に行われる可能性があります。
OpenOffice.orgと同様にこのソフトを利用されるのもいいものと思われます。
操作方法はOpenOffice.orgと同様です。

この図解は、Windows 10日本語版で操作した時の図解です。



関数の操作法・・・・・・・・・・・・・






重要な注意・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 10に無料アップグレードをした場合、LibreOfficeがインストール・アンインストールできない
ことがあります。
無料アップグレードしたWindows 10では多数の不具合が発生していますが、これも
その一つです。
 
Windows10の不具合発生リポート

この場合は、無料のオフイスソフトOpenOffice.orgを利用されることをお奨めします。

無料のオフイスソフトOpenOffice.orgの使い方




参考

Windows Vista,7の場合

Windows 8の場合

データベースソフトBaseを使用する場合・・・・・・・・・・Javaをインストール


LibreOffice関連スマホアプリ−LibreOffice Viewer




Windows 10の操作法図解・・・・








  


 








ソフトの入手

ブラウザで、ソフト提供サイトにアクセスする



ここをクリックする・・・・https://ja.libreoffice.org/

次の画面が表示される

画面の「 ダウンロード」をクリックする



インストール実行ファイルをまずダウンロードする
後で、必要であれば、日本語ヘルプファイルもダウンロード・インストールする

メインインストーラをクリックする




ブラウザのダウンロード表示−ブラウザで異なる―IEの場合
「実行」をクリックする




インストールウイザードでインストールが開始される



インストール方法

インストールウイザードが開始される―「次へ」をクリックする



セットアップの種類選択―標準インストールにチェックを入れる
「次へ」をクリックする



「インストール」をクリックするとインストールが行われる




セットアップが完了する
「完了」をクリックする



インストールが完了すると、デスクトップにアイコンが作成される
これをダブルクリックすると起動する




ブラウザのダウンロードページで・・・

必要なら・・・・

次に、日本語ヘルプファイルをインストールする

下の「オンラインヘルプで使えるヘルプ」をクリックする




「実行」をクリックする



ウイザードが開始される

「次へ」をクリックする




「次へ」をクリックする



「インストール」をクリックする



「完了」をクリックする



以上でインストールはすべて完了した




操作方法の概略

メニュー画面にあるワープロを初めとして各ソフトが無料で利用できます
マイクロソフトのOfficeと操作は類似しているので無料のこのソフトに乗り換えても違和感はないと思えます

デスクトップのアイコンをダブルクリックすると起動する



LibreOfficeのメニュー画面が表示される
ソフト名をクリックするとそれが起動し画面が表示される




または、スタートボタンをクリックして「すべてのアプリ」をクリックして一覧を表示する
そのなかのLibreOfficeをクリックする
LibreOfficeのソフトが一覧表示される
起動したいソフトをクリックすると起動する





Windows 10 Anniversary Updateを適用するとスタート画面が次のように変更される・・・・・

スタートボタンをクリックすると電源ボタン等が左側に別枠で表示される

また、「すべてのアプリ」ボタンが無くなり、アプリ一覧はそのまま一覧で表示される
従って、スタートボタンをクリックして、一覧から起動するソフト・アプリをクリックすればよい


アプリ一覧で・・・・・




なお、LibreOfficeをクリックするとLibreOfficeのメニュー画面が表示される




既存のファイルを開くときは「ファイルを開く」をクリックする









ワープロを使うときは「文書ドキュメント」をクリックする
表紙計算ソフトのときは「表計算ドキュメント」を、プレゼンソフトのときは「プレゼンテーション」をクリックする


「文書ドキュメント」をクリックすると・・・ワープロソフトWriterが使える







「表計算ドキュメント」をクリックすると・・・表計算ソフトCalcが使える






関数の操作図解・・・・・




CalcでExcelのマクロが使えるようにする・・・・・・

次のように設定すると利用できるようになる

Calcを起動する



ツールのメニューからオプションをクリックする



オプション画面でセキュリティをクリックする

マクロセキュリティをクリックする



レベルを中にする
OKをクリックする



詳細をクリックする

マクロの記録を有効するにチェックを入れる

OKをクリックする



これでExcelのマクロが使えるようになった



「プレゼンテーション」をクリックすると・・・プレゼンテーションソフトImpressが使える







「図形描画」をクリックすると・・・ペイントソフトDrawが使える







「データベース」をクリックすると・・・データベースソフトBaseが使える







「数式」をクリックすると数式作成ソフトMathが使える・・・・・・・・・・・・・・・・・・








操作をしやすくしよう・・・・・・・・・・・・・

タスクバーにLibreOfficeのアイコンを表示する・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックし、すべてのアプリで一覧表示して、メニュー項目の上でマウスを右クリックして「その他」の
「タスクバーにピン留めする」をクリックする



タスクバーにアイコンが表示される
クリックすると起動する




スタート画面にタイルを表示する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックし、すべてのアプリで一覧表示して、
メニュー項目の上でマウスを右クリックして「スタート画面にピン留めする」をクリックする



タイルが表示される
クリックすると起動する








LibreOfficeではOffice対応ファイルで保存 しPDFを作成できる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワープロソフトWriterでその例を示すと・・・・

文書を作成する







Word形式で保存する・・・・・・・・・・・・・




Word形式を選択する

保存をクリックする






デフォルトではOneDriveに保存されるので、保存先をPCのドキュメントフォルダを選択して
保存する必要がある





Wordで開いて見ると・・・・・・・・・・








Word 2016で開くと・・・・

このように表示される




保存した文書をPDFに変換する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ファイル」の「PDFとしてエクスポート」をクリックする




エクスポートをクリックする




必要であれば、セキュリティ等の設定をする




PDFが作成された

表示してみると・・・

タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックする




PDFファイルをダブルクリックするとPDF閲覧ソフトで表示される




Acrobat Reader DCで表示している




テンプレートを利用する・・・・・・・・・・・・・

「テンプレート」をクリックする



選択して利用する









LibreOfficeをアンインスールす る・・・・・・・・・・・・・・

コントロールパネルを開く

スタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」をクリックする



「プログラムと機能」をクリックする



LibreOfficeをマウスでクリックして選択し「アンインストール」をクリックする




同様に、LibreOffice 日本語Help Packもアンインストールする









データベースソフトBaseを使用する場合・・・・・・・・・・ Javaをインストール

Baseを起動して操作したときに、JREをインストールするように表示が出た時の
対応方法は以下によってください。


Javaをインストールします。
すでにパソコンにインストールしていれば、表示はできせん。

Baseの新規作成で次の表示がでる
OKをクリックする



ブラウザを起動する

Javaの提供サイトをアクセスしてインストールする


Javaの提供サイ・・・・・ http://java.com/ja/download/

無料Javaのダウンロードをクリックする



「同意して無料ダウンロード」を開始をクリックする
ブラウザにダウンロードの表示が出る―下図はIEの場合
「実行」をクリックする



「インストール」をクリックする



完了する
「閉じる」をクリックする




これでデータベースソフトBaseが使用できるようになった



LibreOffice関連スマホアプリ−LibreOffice Viewer


LibreOfficeのファイルを閲覧するAndroid用アプリがある

Android
LibreOffice Viewer













Top



  


射出成形機の仕様と金型図面
射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿
最新版Excel 2013 操作図解早くも登場
 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
無料ソフトでホームページの作成と運用

最新パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11 とPDFの活用図解
Acrobat 9 とPDFの活用図解
Acrobat XとPDFの活用図解
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
ワープロソフトの対比式図解
Word 2010 図解 早くも登場
実例図解Access 2007/2010
実例図解FileMaker Pro 10

新OSのWindows 7の操作法図解
実例図解FileMaker Pro 11 最新版
実例図解無料データベースソフトBase
Excel と無料ソフトCalcの対比式図解
情報源リンク型の保健・福祉統計用語辞典
情報源リンク型の統計用語辞典
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windowsの無料ソフト活用とLinuxの利用図解
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更













Copy right reserved 2010/6/5



Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法 
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法