無料ソフトウェア集



BlueGriffon(ブルーグリフォン)は、WYSIWYG編集画面により、ワープロソフトのように ホームページを作成することができます。
もちろん、ソースでの作成もできます。
最新のHTML5やCSS3をサポートしているとともに、XHTML1.0やHTML4.0にも対応してい ます。
外国製のソフトであるが、日本語にも対応しているので、ダウンロードしてインストールするだけで日本語で表 示されます。
画像や動画などの挿入も簡単にボタンで行え、表の挿入や編集も簡単にできるなど、ホームページ作成ソフトと しては
基本的な機能は十分に備えています。
SVGエディターという描画ツールが組み込まれています。

この図解の画面はWindows 7で操作したものです。

なお、ここでは、BlueGriffonの基本的な操作法を中心に初心者向けに図解しています。

注意―最新のバージョンを インストールすると正常にBlurGriffonを起動できないトラブルが発生しているので
過去の支障のないバージョンの利用をお奨めします。


Windows 7/8/10等で使用できます。



INDEX
BlueGriffonのダウン ロード・
インストール

起動が正常に行えないときの対処法
BlueGriffonの操作 方法
ホームページ用のホルダーを作る FTPクライアントソフト
簡単なページ作成例で見る
BlueGriffon の基本的な操作の仕方
ページを新規作成する
テキストをキーインして文章などを作成する ページに名前を付けて保存する
ページに画像等を挿入する 作成ページをプレビューしてみる
文字列や画像からリンクを設定する 文字列の装飾をする
表を入れる 作成・保存したページを再び表示して編集する
BlueGriffon の終了・アンインストール 操作ボタン類やメニューについて
ソースでページ作成 をする HTML5でページを 作成する
SVG編集機能で描画をす る 新規作成ウィザード
CSSを設定する フォー ムを作成する

へ行く


 


Windows 8/8.1での操作図解・・・・・




Windows 10でのインストール方法は・・・・





        




BlueGriffonのダウンロー ド・インストール



無料ソフトBlueGriffonをダウンロードしてインストールする

ダウンロード・・・・・・・・・・・・・・・・・

提供サイトをアクセスする・・・こちら・・・http: //bluegriffon.org/

次の画面が表示される

「download」をクリックする

なお、日本語版が提供されているので、アクセスすると自動的に日本語版がダウンロードされるようになっている



Windowsのアイコンをクリックする




「実行」をクリックする





起動が正常に行えないときの対処方 法・・・・・・・・

注意・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最新のバージョン(1.6以降)をインストールすると BlueGriffonが起動できない障害が発生している

この場合の対応の仕方は以下のとおりである―過去のパーションをインストールする

機能的に大差は無いので過去のバージョンで問題は無い
バージョン1.5以前は問題ないので、1.5をインストールすると良い

ダウンロードをクリックして開く



画面の下にスクロールする



過去のバージョンをインストールする―1.5以前のもの
ここでは、version 1.5.1としている―クリックする



1.5.1のセットアップ実行ファイルのリンクをクリックする

ブラウザの処理表示が画面下に出るので「ファイルを開く」をクリックする



インストールウイザードによりインストールする



インストールが完了すると日本語版がインストールされる

これで正常に起動し操作できる


最新のバージョンをインストールしたときは、まず、それをアンインス トールして、過去の
問題ないバージョンをインストールしなおしてください。―コントロール パネルから
アンインストールする


インストール・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セットアップが開始される
「Next次へ」をクリックする



インストール場所−このままで、「Next次へ」をクリックする



ホルダーの作成―「Next次へ」をクリックする



追加タスクの選択―デスクトップにアイコンを作成するにマウスでチェックを入れる
「Next次へ」をクリックする



「Installインストール」をクリックする



インストールが完了した
「Finish完了」をクリックする



起動時に使い方の解説が表示されるが、不要なので、チェックを外す



これが操作画面である



これで使用できるようになった

インストールすると、デスクトップにアイコンが表示される
これをダブルクリックすると起動する






BlueGriffonの操作方法




ホームページ用のホルダーを作 る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームページの作成をする場合、作成ソフトを使ってページを作成する前に、まず、アップロードする
ホームページサーバーのディレクトリーに対応するホルダーを、パソコンの中に作ることとする

ここでは、ドキュメントライブラリ(Windows7の場合 )にhomepge1というホルダーを作ることとする

エクスプローラを開く



ドキュメントライブラリをクリックして開く
ドキュメントライブラリの中でマウスを右クリックして、メニューの「新規作成」の「ホルダー(フォルダー)」をクリックしてホルダーを作る



homepge1というホルダーができた
この中に、ホームページのハイパーテキストのファイルや画像ファイルなどを収容する
ホームページのハイパーテキストのファイルの新規作成でここの中に作る
画像ファイルなどはコピーしてこの中に張り付け操作をする



参考

FTPクライアントソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロバイダーのホームページサーバーにファイル転送するには、FTPクライアントソフトが必要である
お勧めの無料ソフトはFFFTPである
提供サイトはこちら・・・http: //www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html





簡単なページ作成例で見るBlueGriffonの基本的な操作の仕方



ページを新規作成す る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファイルの「新規作成」をクリックする



または、新規ページ作成ボタンをクリックする



新規作成画面が開く
ここにページを作成していく
作成できたらそのページに名前を付けて保存する



このソフトでは、プレビューとソースの2形式で編集・作成ができる
初心者には、ワープロソフトと同じように作成操作ができる「プレビュー」を使用するのかせ適切である



テキストをキーインして文章などを作成す る・・・・・・・・・・・・・・

テキストをキーインする



ページに名前を付けて保存す る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作成を始めたら、「ファイル」の「名前を付けて保存」をクリックする



ページのタイトル名設定画面が表示される
タイトル名をキーインしてOKをクリックする



保存画面が表示される
保存する場所は、すでに作成しているホームページ用のホルダーである
「ドキュメント」の「homepage1」をクリックして開く



ページのファイル名をキーインして「保存」をクリックする



デフォルトでは、ファイル形式はxht(XHTML形式)となっている−新しいバージョンのブラウザではhtm,htmlと同様に表示される

ページの作成作業を続ける

ページに画像等を挿入す る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像を入れるところにマウスをポイントして、「画像挿入・編集」ボタンをクリックする



画像挿入画面が表示される
挿入する画像を指定する
画像は、jpegでもgifでも良い
ホームページ用のホルダーの中にコピーして収容したものを指定することになる

画像の場所のボタンをクリックする



ここに挿入する画像をマウスでクリックして選択し、「開く」をクリックすると挿入される



代替文字列をキーインして「OK」をクリックする
代替文字列は、画像の上にマウスを置いたときに表示される文字列である
これは空(から、表示しない)でもよい



ページに画像が挿入され、表示された



編集したら、ページを保存操作すること



画像のほか、動画や音楽ファイルを挿入することもできる






作成ページをプレビューしてみ る・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラウザでどのように表示されるか確認するために必要である
また、ページの内容に間違いがないか確認するために必要である

画面右上の「ブラウザでプレビュー」ボタンをクリックする



ブラウザを選択指定する
「選択」をクリックする



CドライブのProgrmsの中のブラウザの実行ファイルを選択して「開く」をクリックする
ここでは、Firefoxを指定している



OKをクリックする



ブラウザが起動して作成したページが表示される



文字列や画像からリンクを設定す る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでは、文字列にリンクを設定することとする
画像も同様の方法で設定すればよい

文字列をキーインする



文字列をマウスで選択する
「リンクの挿入・編集」ボタンをクリックする―リンク画面が表示される



リンクするURLをコピーする



リング画面の対象にURLを貼り付ける―OKをクリックする





リンクが設定された



リンクは必ず、正確に動作するか必ず確認すること

作成したページを保存操作して、ブラウザでプレビューしリンク先が正確に表示するか確認する

文字列の装飾をす る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文字列をマウスで選択して、「太字」ボタンをクリックすると文字列が太字になる
この部分には、イタリックやアンダーラインなどの文字列の装飾をするボタンがある



文字列をマウスで選択すると、ポップアップで文字のフォントの選択などのボックスが表示される



文字列の前景色や背景色なども付けられる




表を入れ る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表を入れる部分でマウスをポイントする
「表の挿入・編集」ボタンをクリックする



表のサイズをマウスをドラッグして決める―斜めにマウスを動かして表紙の縦・横のセル数を決める



表が表示される
表をマウスで選択してアクティブにし編集する



マウスでつかんで表のサイズを変更できる



表やセルの中でマウスを右クリックして、メニューから編集操作ができる
表の削除などもできる
詳細な編集操作は「表のプロパティ」をクリックしてプロパティを表示して行う
操作を元に戻すには、メニューの「元に戻す」をクリックする



表タブ・・・



セルタブ・・・・・



表の中に画像などを挿入する・・・・
操作は前記の画像の挿入と同じ操作方法である



挿入した画像をセンターリングする・・・・・

画像をマウスでクリックして選択し、「中央揃え」をクリックする
右寄せや左寄せもできる―左右のボタンで
文字列や表全体も同様に寄せる操作ができる



センターリングされる



ページの編集をしたら必ず保存操作をする



作成・保存したページを再び表示して編集す る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既存のページを開くボタンをクリックする



「ファイルを選択」をクリックする



ホルダーをクリックして開く



ホルダーを開いても、XHTMLは表示されないので、ファイルの種類を「」すべてのファイルに変更する



開くページのファイルをマウスで選択して「開く」をクリックする



または・・・最近の作成ページは、タブで表示される

タブをクリックするとそのページが表示され編集できる
新規作成ページで保存していないものは「名称未設定」と表示される−右側をクリックするとど知られる−保存画面が表示される



エクスプローラで作成したホームページのファイルを保存しているものを表示してみると・・・・

エクスプローラを開く




あらかじめ作成したホームページ用のホルダーを開く







参考

homepage1ホルダーの中では、画像ファイルとHTMLファイルを
フラットに収納しているが、画像などは別のホルダーを作って、
それに収納してもよい
この場合、画像への表示リンクを張るときは、画像ホルダーのなかの
画像をリンク指定するようにする

画像ホルダーなどは、ホルダーごと、ホームページサーバーに
アップロードする


ホルダーの中に、作成したページのファイルやホームページで表示などに
使用する画像ファイルなどが収容されている

このホルダーにあるものをホームページサーバーに転送する−ただし、
ホームページのページのバックアップファイルは転送しない(.bak)







へ行く



Top



Copy right reserved 2012/4/30


Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方