無料ソフトウェア集



PDFを閲覧するフリーソフト、Adobe Reader X のダウンロード、インストールと操作方法の
基本について解説します。
Adobe Reader Xは、Windows XP(SP3)/Vista/7に対応しています。
なお、図解ではWindows 7を使用しています。



最新版の操作図解は・・・・・・・・・・・・・







INDEX

ダウンロード方法

インストール操作

Adobe Reader Xの基本操作方法

Adobe Reader Xの起動
PDFファイルを参照する
(参考) インターネットでブラウザによりPDFを参照するときの動作
各種の機能ボタン等をツールバーに表示
表示したものを印刷する
ページの特定の部分を拡大して表示し参照

マーキーズームツール
ルーペツール
パン&ズーム機能
ページ全体の拡大・縮小の操作
表示したページを回転表示
表示したものの一部、例えば図・画像を切り取って、他のソフトで利用
拡大表示した部分をその表示の状態で印刷
表示した画面の特定の部分を画面の中央などに持ってきたいなどの位置移動
ページの前後への移動
ページのサムネール表示
PDF文書内などの字句の検索
PDFファイルのテキスト部分をtxtファイルとして抽出し保存する
表示したPDFファイルを保存
文書のセキュリティ設定状況の確認
Adobe Readerの終了操作





Adobe Reader Xのダウンロード


Adobe社の提供サイトをアクセスする

https://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/

Windowsのバージョンを選択する

言語を選択する

使いたい古いバージョンを選択する




Acrobat Reader Xの場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Reader 10を選択する

オプションは不要であるのでマウスでくりっくしてチェックを外す

「今すぐダウンロード」をクリックする





インストール操作

ダウンロードとインストールが開始されます。


インストールが進行します。そのままにしておきます。








インストールの完了です。
「閉じる」をクリックします。





デスクトップには、ショートカットのアイコンが作られます。
これをダブルクリックするとAdobe Reader Xが起動します。








Adobe Reader X の基本操作方法
Top


インストールが完了するとデスクトップに次のようにAdobe Reader Xのアイコンが作成
されています。

これをダブルクリックすると同ソフトが起動して利用できることとなります。



または、Windowsのスタート全てのプログラムをクリックして、Adobe Reader Xをクリックすると
同ソフトが起動します。


インストール後の最初の起動では使用許諾画面が表示されます。
「同意する」をクリックするとAdobe Readerの画面が表示されます。



Adobe Reader X のアイコンをダブルクリックすると次のように同ソフトが起動されて表示されます。




使用する前にこれは必ず設定すること・・・・・
各種の機能ボタン等をツールバーに表示するには・・・・インストールしたら、まず、これにより、必要な操作機能
をツールメニューに表示しましょう。

「表示」の「表示切り替え」の「ツールバー項目」の必要機能をクリックします。



例えば、「編集」機能の場合は「編集」をクリックして「全ての編集ツールを表示」をクリックします。
これで編集関連ツールがメニューに表示されるようになります。



ツールのメニューボタンをクリックすると次のように表示されて操作できます。
そのツールを起動するには、メニューのその項目名をマウスでクリックします。




PDFファイルを参照するには、ファイルをクリックして、開くをクリックし参照したいPDFファイルを選択します。
または、ツールバーの左端にあるファイルを開くボタンをクリックします。

起動したときに次の画面が表示されます。
PDFファィルを開くには「開く」をクリックします。




または、「ファィル」の「開く」をクリックします。



次のようにファイルを選択するためのボックスが表示されるので、開きたいPDFファイルのある場所を
ボックスの上部にあるファイルの場所の矢印をクリックして、開くファイルをマウスで選択し、右下の「開く」を
クリックします。



14 PDFファイルを選択して表示すると次のような画面表示になります。
 これで参照できます。




自動起動するCD/DVDをドライブに挿入したときの動作・・・・

PDFで表示されるCD/DVDをCD/DVDドライブに挿入すると、通常は、次のように
自動再生ボックスが表示されます。―Windows Vista/Windows 7の場合

「rundll32の実行」をクリックします。



トップ画面が次の例のように表示されます。




参考 インターネットでブラウザによりPDFファイルを参照したときの動作

インターネットで配布されているPDFファイルは、ブラウザでそのファイルをクリック選択すると、
Adobe Readerが自動的に起動して、IE(マイクロソフトのインターネットエクスプローラ)の場合では、
Adobe Reader がIEのプラグインとして機能し、次の画面のように表示されます。
これにより、ツールバーの一番下の行にAdobe Readerの機能ボタンが表示されているので
操作できることとなります。




表示したものを印刷する操作方法

 印刷するには、ファイルの印刷をクリック操作するか、または、次の図面のプリンターのアイコンをクリックします。
 印刷ボックスが表示されるので、必要な設定があれば行って印刷ボタンをクリックします。通常はそのまま
 印刷ボタンをクリックするとプリンターからページ全体が印刷されます。




印刷範囲、ページ、部数などを設定して「OK」をクリックして印刷します。



印刷できないPDFファイルがある・・・・

(注意 ) セキュリティの設定されたPDFファイル:PDFファイルは作成時に印刷の不許可などの
     様々の制限を設定することが出来るようになっています。このような制限がかかっているものに
     ついては、印刷や内容の変更などはできないこととなります。
     どのようなセキュリティが設定されているかは、Adobe Readerのツールバーの文書
     セキュリティセキュリティの設定の表示プロパティセキュリティタブをクリックすると
     設定項目ごとに示されています。

  このような場合でどうしても印刷したいときは、画面をペイントソフトでコピーして、画像として保存し
  印刷する方法もあります。−印刷禁止のセキュリティがかかっているファイルの場合、PDFの中身の
  切り出しも通常はできない設定になっているので・・・・・


表示したページの特定の部分を拡大して表示し参照したい場合は・・・・・・

「マーキーズームツール」により、マウスを置いた特定部分を拡大表示することが可能です。




画面の特定の部分をクリックすると次のように拡大できます。




「ルーペツール」により特定の部分を拡大して表示ができ、更に、そのルーペボックス中で拡大・縮小の
表示が可能です。



ルーペボックス中で拡大・縮小の表示が可能



操作方法は・・・・・

ルーペツールは、ルーペツールボタンをクリックしてから、マウスの左ボタンを、拡大して参照したい場所に
置いてクリックすると、参照する範囲を示す枠と、拡大ルーペのボックスが表示されます。

この枠とルーペボックスの大きさは拡大・縮小がマウスでその枠の角をドラッグすることで可能です。

また、ルーペのボックスには拡大率(%)を上下するボタンがついています。−前図のボックスの下部






「パン&ズーム機能」により、ページの特定部分を拡大表示することができます。

パン&ズームボタンをクリックすると、ウインドウが表示されるので、赤の枠をそのページの拡大したい部分に
マウスで移動し、左下の拡大・縮小ボタンで、その部分を随意に拡大することができます。
拡大・縮小操作すると、そのバックにあるページ部分が拡大表示されます。
必要な大きさに拡大されたら、ウインドウの右上の×印をクリックして閉じます










ページ全体の拡大・縮小の操作は、次のプラスとマイナスのボタンを操作して行います。
  拡大・縮小のパーセントが中央の窓に表示されます。窓の右側の矢印をクリックして
  表示される%を選択操作することも出来ます。



ダイナミックズーム」により、マウス操作で連続的に拡大・縮小参照が可能です。






Top



Top



 







 












Copy right resrved 2010/6/5



Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法 Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法 
Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法 Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法