尖閣諸島の領有権の実態把握で重要な点は・・・
中国政府は嘘をついていることと資料の捏造をしていることだ
領有権の事実については、中国の過去の捏造されていない資料や外国にある資料を把握する必要がある

The important points in understanding the actual conditions of the dominium of the Senkaku Islands are:
The Chinese government tells a lie and forges the matter related to the dominium of the Senkaku Islands.
It is necessary to grasp the facts about the past Chinese materials which are not forged and the materials which can be found outside China.

















中国は大陸棚海洋資源が議論されだして、突然に尖閣列島(諸島)は中国領であると大嘘をデッチあげて領有権を
主張している―ご都合主義の利権ねらいということだ−南沙諸島でやっているのと全く同じだ
中国の古文書にも、主張を始める以前の中国の地図にも、尖閣列島は日本領と明示されているのにだ・・・
面白いのは、中国のスパイが、神田神保町の古本屋で、尖閣列島が「日本領と明記」されている「中国」の
古本―地図集を買い集めていることだ―中国の主張に反する証拠物を意図的に廃棄しているのだ
例えば、中国にとって都合の悪い「尖閣群島・魚釣島」と日本名で表示してある地図が、北京市地図出版社が発行した
「世界地図集」である
また、中国は、清時代などの過去の地図を収載した地図帳のなかの表示を釣魚島と中国名に書き換えて再出版している
―例は、「中国歴史地図集」―歴史資料の改ざんなどは平気の平左なのだ
いくら目につくものを買い集めて廃棄し、改ざんしても、世界中の図書館や研究者などに保管されているものは改ざんなどは
できないし、また、戦後のサンフランシスコ条約締結時や沖縄返還時にアメリカの外交文書などで日本の領土が
確認・確定されたときに何のクレームも付けていないのはおかしいこととなる

尖閣列島はかって日本人の住民が300人くらい住んで生活をしていたし、ここに戸籍があったわけだ
このような島を中国領といいはるのも完全に「きちがい」というしかないだろう―外務省も風呂て屁をこくような
ことをしていないで中国の古い地図や中国の古文書をしめして、ええかげんにしろといってはどうか

また、アメリカの外交文書―沖縄返還関連書類には、尖閣列島がその範囲であることを明記してあるのだ

アメリカ政府の見解は、キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が2012/9/21の上院外交委員会の
東アジア・太平洋小委員会でも証言しているが、従前から、沖縄県・尖閣諸島については「明確に日米安保条約の
適用対象である」とし、同条約が定める米国の日本防衛義務の範囲内だとの認識である

中国の領有権の証拠を偽造する手口がこれだ!―中国が行っている日本の領有権の証拠の隠 ぺい

中国で過去に出版された地図集で尖閣諸島が日本領となっているものを中国領に修正して再度出版する
世界に出回っている日本の領有権と記述してある中国の地図集を買い集めて廃棄する
Wikipediaの尖閣諸島に関する各国語の記述を中国に都合よく変更する
尖閣諸島に関する歴史を捏造する
外国にある日本の領有権の証拠は無視する

Ways that counterfeits the evidences of the dominium of China for the
Senkaku Islands(DIAOYU ISLANDS)-Concealment of evidences of dominium of Japan that China is executing

Amend, as Chinese territory, and republish the old Chinese maps(map books) showing
the Japanese territory for the Senkaku Islands
Collect and destroy the old Chinese maps (map books)showing the Japanese territory
for the Senkaku Islands, in the world
Changes the descriptions of the Wikipedia for the Senkaku Islands conveniently
for China, in any languages
Fabricate the history of the Senkaku Islands and its territorial rights
Ignore the evidences of Japanese rights for the territory of the Islands





尖閣列島の歴史と日本に領有権があることを知りたいときは・・・こちらを参照されたい


Evidences of the Territorial Right for the Senkaku Islands:

証拠の一つはこの感謝状―1919年に当時の中国政府が難破船の救助で尖閣の住民にだし たもの
Letter of Thanks Issued by the Chinese Government in 1919

中国福建省の難破漁船を救助(31名救助)した場所(遭難場所)が「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」 となっている
感謝状の発行は当時の中華民国の長崎領事であり、名前も署名してある
また、当時の石垣村長名も書いてある
(中国がこれが偽物というならば、遭難と救助の事実、年号 や人物名を確認すればわかる―領事の印鑑も押してある)

The Republic of China's Nagasaki Consul at the time had issued the letter of thanks to inhabitants, and the thanks letter
described as the "Great Japan Empire, Yaeyama-gun, Okinawa Senkaku Islands" as the scene of a disaster.


(C)藤井厳喜(ふじい・げんき) 国際政治学者

感謝状を訳すと・・・

〈中華民国八年(大正八年)の冬、福建省恵安県の漁民、郭合順ら三十一人が海上で暴風の難に遭って漂流し、
日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島内の和洋島(魚釣島の別称)に漂着した。
 その際、八重山郡石垣村役場の玉代勢孫伴君らが熱心に救護にあたってくれ、遭難漁民を故国に生還せしめるまで
世話をしてくれたことに深く感謝し、ここにこの感謝状を贈る。
 中華民国長崎領事 馮冕中華民国九年五月二十日〉
31 Chinese fishermen from Fujian State, China, faced storm and wrecked, drifted and cast ashore of the Uotsuri island,
Senkaku archipelago, Yaeyama County, Okinawa
Prefecture, Imperial Japan.
Mr. Sonban Tamayose who was the official of Ishigaki village, Yaeyama County, Imperial Japan, kindly took care of
Chinese fishermen and could let them back to their mother land, China. It was real sign of humanity.
We hereby present Grateful letter and show our deepest appreciation to him.

日本語PDF/zakzakより転載

In English:PDF/本ページ作成者が仮 訳 History of the Senkaku Islands in English

尖閣列島の帰属問題に関するCIA報告書・・・・・


CIA Report on the Territory of he Senkaku Islands(C)Sankei Shinbun

米中央情報局(CIA)が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題は存在しない」とする日本の主張を裏付ける内容の報告書
を1971年に作成していた
当時の中華民国(台湾)が、米国の尖閣諸島を含む沖縄の施政権に注文をつけたのを受け、CIAが調査を行ったものである
中国で文化大革命の担い手だった紅衛兵向けに1966年に刊行された地図を例に挙げ、「尖閣諸島は中国の国境外に位置しており、
琉球(沖縄)列島、すなわち日本に属していることを示している」と指摘している
他の国の地図でも中国領とする記述のものは無かったとしている

CIA報告書/CIA REPORT in Japanese and English/PDF

CIA Report on the Senkaku Islands Territory Issue

It was clarified that U.S. Central Intelligence Agency (CIA) prepared the report of the content that
proved the insistence of Japan that assumed, "The territorial issue did not exist" concerning Senkaku Islands
in Okinawa Prefecture.
The report was made in May, 1971, immediately before the Japan-U.S. governments signed
the agreement of Okinawa restoration.

In responding to the claim by the Republic of China (Taiwan) at that time telling the administrative right of
Okinawa for the Senkaku Islands, CIA conducted the research
for the territory.

The report pointed out , as an example, that, "Senkaku Islands is located outside the border of China,
and shows belonging to Ryukyu (Okinawa) islands, Japan" with the map published for Red Guards who
were the supporters of the Cultural Revolution in China in 1966.

It also shows that there were no maps showing the Senkaku Islands as Chinese terriory in other countries.

CIA REPORT ON SENKAKU ISLANDS in English/PDF

世界地図の第一冊「東アジアの諸国」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
East Asian Countries-World Map, in October 1965

1965年10月に台湾の国防研究院と中国地理学研究所から聨合出版した世界地図の第一冊「東アジアの諸国」では、
尖閣諸島は日本領土と明記し日本の名前「尖閣群島」と記載されている

This map was published by the Defence Research Institute and the China Geography Research Institute, Taiwan in October 1965.
The Senkaku Islands are identified as Japanese territory and its name is printed with Japanese name.









中国政府(外交部)が1950年作成の外交関連の文書で尖閣諸島を日本名で記載し、
その所属について琉球(沖縄)の一部であると認識していたことが明確となった

The Chinese Government (Diplomatic Department)prepared a diplomacy-related document
in 1950 which indicates the Senkaku Islands with Japanese name and recognizes its posession
as a part of Ryukyu Islands(present Okinawa).

中國政府(外交部)用日本名在有關製作的外交的文件在1950年記載尖閣群島,
關于那個所屬認識是琉球(沖繩)的一部分

文書名・・・対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案
現在・・・北京の中国外交部(外務省)档案館(外交史料館)に収蔵

Document name ... Outline draft about the problem and opinion of a territory part (for Japanese Peace Treaty) .
Present ... possessed by the Diplomatic Records Library of the Chinese Diplomatic Departement in Beijing.

文件名・・・關于反天氣大約(對日本和約)的領土部分的問題和主張的綱要草案
在現在・・・北京的中國外交部(外務省)档案館(外交史料館)是儲蔵

外交文書一部の写真・・・
Picture of the document
1部外交文件的照片


((C)時事通信社ホームページより転載)

この外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」(領土草案、計10ページ)である。
中華人民共和国成立の翌年に当たる1950年5月15日に作成され、現在は、北京の中国外務省档案館(外交史料館)に収蔵されている
政府文書である。

この中で、中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたと言える。

中国共産党・政府が、当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の公式文書である。

It is an official document of the Chinese Government which shows that the Communist Party of China and the Chinese Government did not claim
the Senkaku Islands to be a territory of China, but recognized as "a part of Ryukyu(Okinawa)."

中國共産黨、政府不和中國的領土主張尖閣群島,當時是"琉球的一部分"和表示正認識的中國政府的正式的文件

この外交文書は以前公開されていたが、近年は、公開停止になっている。
Although this diplomatic document was exhibited before, it is stopped for public presentation in recent years.
近年來這個外交文件被以前公開,但是是公開停止

1950年に尖閣諸島を「琉球(沖縄)の一部」と認識し、「尖閣諸島」と日本名を明記した外交文書が作成されていた事実は、
1971年末から現在まで一貫する「釣魚島は古来より台湾の付属島しょ」という中国政府の主張を否定するもので、中国政府の主張が
「後付けの理屈」であることが鮮明になった。

The fact that the diplomatic document recognizing the Senkaku Islands to be "a part of Ryukyu (Okinawa)" in 1950 and the Islands
were specified with the "Senkaku Islands" (the Japanese name of the Islands was used )denies the opinion of the Chinese Government
that the Islands are the attached islands for Taiwan from ancient times. And it became clear that the official opinion of Chinese Government
is "reason for post-installation."

把尖閣群島作爲"琉球(沖繩)的一部分"在1950年來理解,被清楚地記載了"尖閣群島"和日本名的外交文件製作的事實到現在爲止從1971年末起一貫
"釣魚島自古以來更"是否定台灣的東西附屬的島和據説的中國政府的主張的東西,并且在"編後記的理由"有中國政府的主張的變得鮮明了



(時事通信2012/12/27)



尖閣諸島は日本領であることをアメリカ政府は中国 に通告すべき−ニューヨークタイムス社説
Senkaku Islands is Japan's Territory: Editorial by the NewYork Times










Wall Street Journal 1st November,2013
The Senkaku Boomerang
Japan needs U.S. support against Chinese bullying.

 
China's leaders may have thought that by frequently dispatching ships and planes
 into Japan's territory around the tiny Senkaku Islands they would cause Tokyo
to bow to their demands. Instead, their strategy of harassment and intimidation
has accomplished the opposite―and then some.
 
Prime Minister Shinzo Abe has rallied Japanese to defend their territorial sovereignty,
and he may succeed in reinterpreting the Japanese constitution to allow Japan to come
to the military aid of its allies. The threat to the Senakakus has strengthened
Tokyo's alliance with Washington, with the two countries agreeing earlier this month
to bolster their military ties, including the deployment of U.S. P-8 maritime
surveillance planes in Japan and stationing a second missile-defense radar.
 
Japan has also strengthened its ties with Southeast Asia. Smaller regional powers
have come to see Tokyo as a potential defender, along with the U.S., of the peace
against a hegemonic Middle Kingdom.
 
In an interview with the Journal last week, Mr. Abe, fresh from a successful tour of
the region, signalled his willingness to take up a greater leadership role and issued
a warning to Beijing. "There are concerns that China is attempting to change the status
quo by force, rather than by rule of law. But if China opts to take that path, then
it won't be able to emerge peacefully," he said.
 
Mr. Abe's remarks were followed by more clear-eyed talk from Defense Minister Itsunori Onodera,
who on Tuesday accused China of endangering the peace by sending its coast guard vessels
into the Senkaku waters more than once a week: "I believe the intrusions by China in the
territorial waters around the Senkaku islands fall in the 'grey zone' (between) peacetime
and an emergency situation."
 
Japan has begun conducting amphibious exercises that simulate the kind of operations
that might be needed to defend or retake the Senkakus. It is expected to create a new unit
tasked with such missions.
 
The danger now is that the chances of accident, miscalculation or even a shooting incident
grow with each Chinese foray near the islands. That's what makes Japan's demonstration of
political resolve and military capability all the more important, but Japan cannot be left
on its own. The U.S. took the Senkakus from Japan after World War II and returned them
in the early 1970s, effectively settling the question of their sovereignty for American
purposes. The more explicit the Obama Administration is that the Senkakus are Japanese,
the likelier Beijing is to back down.
 
In the long term, there may be a possibility for Japan and China to resolve their differences
by freezing the status quo and deferring resolution of the dispute to future generations.
That was the view Deng Xiaoping had of the matter, and current leader Xi Jinping would do
well to follow in those footsteps. The alternative is to further alienate China from its
neighbors, and further call into doubt the promise―and the hope―that China's rise will
be peaceful.









南沙諸島も、海底資源や軍の海洋進出のため、元々領有権は無いのに、恥知らずにも、きちがい的論理で
領有権を主張している

すでに南沙諸島では、中国の実行支配に近い状態にある
権利が無いのに実効支配に近いことをここでしていながら、元々日本が領有権のある尖閣列島で、
日本が当然の権利として実効支配の対応をとると、中国が元々あるはずもない中国の領有権の
侵害であると主張する―二枚舌で頭がおかしいのだ
中国はまともな国ではないのだ



中国の外務大臣が2012年9月27日の国連総会の一般討論で尖閣諸島の日本政府
国有化を避難

1.尖閣諸島の日本政府国有化は不法で無効である
2.尖閣諸島は古来中国の領土であり歴史的・法的な証拠がある
3.日本が日清戦争後に中国から盗んだものである


Chinese Foreign Minister takes refuge for the Japanese government 's nationalization of
the Senkaku Islands in the general discussion of the United Nations General Assembly
on September 27, 2012

1.Japanese government's nationalization of the Senkaku Islands is illegal and invalid.
2. Senkaku Islands are the territory of China from ancient times, and China has historical and legal proofs.
3. Japan robed it from China after the Sino-Japanese War.

日本政府の反論・・・・

尖閣諸島は日本領である
中国による独自の主張で全く根拠がない
中国の主張は最初から論理的に成り立たない

Counterargument by Japanese Government

Senkaku Islands are Japanese territory.
There is no basis with the original opinion by China.
Chinese opinion is not realized logically.





中国の主張への反論の分析・・・・

1:尖閣諸島は歴史的に法的にも日本領であるため、国内取引の一つであり、無法性も不法性も無い



2:尖閣諸島が古来から中国領であるということの証拠が存在しない
古来に洞窟に住んでいた中国人が離島である尖閣諸島に到達することは困難である
尖閣諸島に古代中国人が到達していたという証拠は発見されていない
また、到達していたならば、中国領であるという法的な行動が行われている必要がある
古代の中国領は中国本土自体も確定されていない
歴史的に過去の中国政府の刊行した地図では、尖閣諸島と明記され、日本領と表示
されてきている
これらの事実が古来からの中国の領有を否定している

3: 日清戦争後に中国から盗んだものとしていることについては、日清戦争後の過去のいかなる国際会議と
2国間会議においても議論したことがない
もしそれが事実であるとするならば、例えば、第二次世界大戦後のサンフランシスコ条約の会議と条約において、
中国がこの件を発言・提案しているはずだか、そのような事実は存在しない
このサンフランシスコ条約は第二次大戦後の日本の領土を確定したものである
日清戦争後の過去の記録にこれの記述は無いものである
もちろん、日本と中国の二国間協議でもこれに関する記述・記録は無い
したがって、これらから見て、そのような事実が存在しないということである

Analyses of counterargument for the above refuge on the Islands:

1: The Senkaku Islands have been the territory of Japan and thus it is legal for
the nationalization by buying the Islands, as a matter of domestic dealing.



2:There is no proof for the territory of China from ancient times. For Chinese people,
at ancient times, it was difficult to reach the Islands who were living in the caves.
Nothing was found on the Islands which proof the ancient Chinese people's visit
to the isolated Islands. Also they had to take legal actions to show it as Chinese
territory.
As for the territory of China, the main land of Chine itself could not identify its borders.
China has never said about this matter in the past.
Old maps published by the Chinese Government have identified the Islands as Senkaku
Islands and as the Japanese territory. This evidence denies the territory of China from
ancient times.

3:As for the robing of the Islands from Chine, Chine has never discussed this matter
in the international meetings and bi-lateral meetings after the Sino-Japanese War.
If this is the fact, for instance, China would discuss in the Treaty of Peace with Japan Meeting
after the World War II.
The meeting and Treaty fixed the Japan's territory after the World War II.
But, there was no description/discussion on the robing of Islands after the Sino-Japanese War.
Of course there was no bi-lateral discussion between Japan and China after the Sino-Japanese War.
These facts show that there was no such matter between the two countries.








こう考えると、よくわかる―原因は自分で作っておいてすべて相手が悪いとする中国の言動の意味が
―国・中国共産党が暴力団で、国民がゴロツキなのだ
尖閣も南沙諸島もみな同じだ−なんの権利も無いのに居直り恫喝の領土拡張目的



暴力団国家・国民の中国や韓国を相手にするのは、外務省のへなちょこ外交官などが役立つ
わけもない―外務省にはチャイナスクールという、すでに中国スパイの団体がいる
中国・韓国外交は、警視庁の捜査四課の担当にしないとだめだわ

中国の権力争いは、暴力団の内部抗争そのものだ−先般、共産党中央委員になる予定の重慶市の大物が
失脚したが、不正蓄財は数千億円、奥さんは外国人を殺害となんでもありだ
地方政府でも共産党幹部などが、土地を接収して民間売却で莫大な賄賂をため込んでいる
公共工事の手抜き工事で巨額の横領することなんぞは日常の出来事だ―地震などで手抜き工事がばれている
滅茶苦茶だが、当事者には当然のことなんだろう―まともな国ではないので、そもそも論理が違うのだ


全国人民代表大会は、巨額収賄・横領・汚職者の全国会議だ
National People's Congress is a national meeting of those who are doing a large amount corruption and embezzlement.




中国共産党幹部の汚職金額の例・・・桁外れだ

幹部の汚職金額は兆から数千億の単位という巨額である

劉志軍―鉄道省大臣―数兆元(数十兆円)
劉鉄男―国家エネルギー局長―2億4000万元(38億4000万円)
薄熙来―重慶市書記―60億ドル(5880億円)
張曙光―鉄道省運輸局長―28億ドル(2744億円)

汚職で横領した資産は海外に違法送金して蓄財・・・・
中国の汚職官僚・党幹部・国有企業幹部による海外への不法な資産逃避は約260兆円と推計されている(2013年)

裸官―横領した資産を海外で家族や親せきの名義で蓄財している役人のこと

Example of the corruption amount of money of the Chinese Communist Party officials
Its amount is extraordinary.

Ministry of Railways Minister - several trillions of yuan  ( tens of trillions of Japanese yen  )
 Ministry of National Energy -Diretor of Bureau - 240 million yuan 3,840 million Japanese yen   )
 Chongqing City Secretary - 6 billion dollars (588 billion Japanese yen)
 Ministry of Railways, Director of Bureau of Transportation - 2,800 million dollars ( 274,400 million yen )

The assets which are embezzled by corruption remit illegally abroad and accumulate the assets.
The illegal assets escape to the foreign countries by the Chinese corruption bureaucrat, excecuties of the
Chinese Communist Party, state-owned enterprise executives is estimated at approximately 260 trillion yen (2013)







中国外交部の記者会見や新疆ウイグル地区の弾圧などは極道(ごくどう)そのものだ



中国政府と共産党による中国国内のホロコーストは、国際機関が調査し、中国政府や共産党の責任を明確にすべ きである

Holocaust in China made by the Chinese Government and the Communist Party should be investigated
by the international organizations, such as, the United Nations and the International Court of Justice, and its responsibility
could be identified.



資源などを奪うために西部の少数民族を投獄・虐殺するのは、ゴロツキ中国政府と中国暴力団共産党にとっては
なんでもないことなのだ―新疆ウイグル地区やチベットでは少数民族が弾圧・虐殺というひどい目にあっている
世界の人々は少数民族の弾圧・虐殺を止めさせて、少数民族が独立するのを手助けする必要がある

中国はチベットを侵略して大虐殺を行った
1970年代までにチベット全域で中国によるチベット人大虐殺が行われ、チベット全域では犠牲者は120万 人にも
のぼるさえいわれている



南京事件で日本の虐殺かあったと騒いでいるが、実は、中国はこれまでも、チベットのように大虐殺を自ら行っているのだ
少数民族の弾圧と虐殺をいまだ中国は続けているのだ―これはテロ国家そのものだ

経済関係も同じだ−許認可で莫大や賄賂が必要だし、不当な処理は当たり前、著作権なども無いも同然・・・・

さて、日本はこの2国とはこの問題で延々と紛争が続くだろ―暴力団国家のいいがかり・恫喝は終わらないからだ

もういいかげんに、日本もこの2国とはまともな経済関係を維持しようと思わない方がいいのではないか

貿易相手国・投資相手国としては、徐々に除外していくのがベターである
暴力団国家に投資や企業進出して雇用と利益を与えるのはいかがなものか






こうなったら、製造業も食品産業も製造・輸入拠点を中国以外や国内に移転せざるを
得なくなる

日本の企業が中国から次々と撤退するのはとてもいいことだ―中国人の雇用を
増やしてやるなんてお人よしもいいところだ
これで中国人の雇用が削減され、失業者が増える―お得意の暴動が更に増加する
中国の社会不安が増加し、経済は破綻へと向かう―望むところだ





もちろん、中国・韓国ともに、旅行先としては不適切である−暴行などを受ける恐れが
あり安全上からは決して行くべきではな



本格的なゴロツキ国家・ゴロツキ国民なので、日本人に対する殺人・暴行・傷害やレイプなどの
犯罪は当然に増加する
日本人は悪人なのだから何をしても正当なものと考えている−この思考が他の国とは違うゴロツキの
所以なのだ−もととも中国と韓国では、日本人は侵略者で悪者というように小学生のころから
教育されている−だから、日本人対象の犯罪はハードルが無いも同然なのだ

このような危険な国に観光旅行やビジネスで旅行に行くというのは、殺してください、ぶん殴ってください、
レイプしてくださいといっているも同然なのだ



それに、特に中国では、自分が良ければ、他人にどんな危害を加えようが、平気の平左という考えがある
例えば、中国の新幹線事故で、被害者の捜索も十分にしていないのに、事故車両を土の中に埋めて
しまうとか、どぶに浮いている油を回収して食用油として売るとか、が平気で行われる国なのだ
観光旅行で、中国のレストランで食事をするというが、どんな食材や調味料が使われているか全くわからない
のだー命懸けで闇鍋をやっているようなものだ

中国と韓国は旅行先としては、世界で最も危険な地域である―本来、外務省は渡航禁止先に指定するか、
全員にガードマンを付けた渡航のみ認めるべきである―そこまでしていきたいかということだ?


中国でも韓国でも、反日を国内不満分子・グループのはけ口・ガス抜きに使うのはいつものことだ

両国とも政府はゴロツキであるので、政府・党の筋が反日デモや暴動を組織してやらせる
そして、それをやらせるグループは、その時に国内での不満分子や暴動を起こしそうな集団なのだ

例えば、2012/9の尖閣問題では、国内経済が大幅にスローダウンして、学生などの就職が
ひどい状態であるので、就職難の若者集団を組織的にあおって反日デモや暴動をやらせているのだ

扇動するのは、暴力団組織と同じ中国政府の公安と中国共産党の宣伝部門だ

これを全国で大々的にやらせて、日本への恫喝・脅迫に使うとともに、国内問題で政府や党が批判の標的になるのを
少しでもかわそうとしているわけだ

普段から学校教育で反日の教育をしているし、一方的に、尖閣列島は自国の領土だ、日本が領土を侵害していると
デタラメ情報を流して扇動するので、ゴロツキ人民は簡単にそれに乗って、デモや暴動をやるという仕組みだ



中国と共産党は、国内では、少数民族を虐待し殺している
例えば、新疆ウイグル地区など西北地方では、原住民族を弾圧して投獄するとともに虐殺している
そして、現地の天然資源を漢民族が強奪しているのだ
これが暴力団国家中国と暴力団・テロ組織中国共産党の正体だ
まるで21世紀のナチスと言えるようなことをやっている







南京事件などを拡大しいかにも大きな虐殺事件にねつ造してかっての日本を非難するなんて、
ちゃんちゃらおかしくなるようなことを自分自身が21世紀の今も続けてやっている―自分がやっていることの方が
はるかに重大だ

このような暴力団国家・21世紀のナチスが、国連の安全保障理事会の常任理事国などというのは
笑止千万なことだ―国連は国際裁判にかけて犯罪行為を止めさせるべきだ



孔子や孟子の教えはどこにいったんだ−情けないことだ






中国は中華思想という漢民族優位の思想・支配概念があり、少数民族を弾圧して大量の虐殺を行ってきている
特にひどいのが、チベットであり、120万人がこれまでに虐殺されたのではないかとされている

近年は、北西部の新疆ウイグル自治区のように、天然資源とその利益を収奪するため、少数民族の自治を
投獄などで崩壊させて、漢民族の移住・支配を強化している地域もある

また、香港のように併合されたが、民主主義の確保のため、中国による支配に抵抗している地域もある
台湾も、在来の台湾人にとっては、中国への統合は希望するところではないであろう

これらからみると、世界の人々は、人権と民主主義のため、次の地域の独立を支援していくことが必要である

チベット国としての独立
新疆ウイグル国としての独立
香港国としての独立
中華民国としての独立





中国の世界経済でのウエイトが高まった現在では、グローバル経済の安定運営のためには、
中国の民主化は必須のものとなっている−アメリカもこれは十分に認識しているところだろう
―希少資源での中国の禁輸、アメリカ国債の大量保有による恫喝などアメリカには容認できない
ところだ−アメリカの安全保障という理由で中国の民主化に介入するのは明白だ
アメリカがどのような作戦で中国の民主化を進めるか見ものである







1980年代から90年代にかけて、チベット での「大虐殺(ジェノサイド)」に関与したとして、スペインの裁判所が

20131119日、中国の江沢民元国家主席(87)や李鵬 元首相(86)ら元政権幹部5人の逮捕状を出した

スペインの全国 管区裁判所は一連の人権侵害に「政治や軍の責任者が関与した疑いがある」と指摘するとともに、

中国の当局が人 権侵害について調査をしていないことを理由に逮捕状を発行した。

中国 の最高権力者が「お尋ね者」になった。

Spain's National Court on 19 November, 2013, issued arrest orders for former Chinese president Jiang Zemin and four other

officials as part of a probe into alleged genocide by China against Tibet.

The five also include former Prime Minister Li Peng; former security and police chief Qiao Shi; Chen Kuiyan, a former
Communist Party official in Tibet; and Pen Pelyun, ex-family planning minister.

Tibetan rights groups brought the case against Jiang, former prime minister Li Peng and three other Chinese

officials, alleging they were responsible for “genocide, crimes against humanity, torture and terrorism” against

Tibetans in the 1980s and 1990s.





ごろつき・テロ国家が常任理事国で世界平和を希求するなんてありえない・・・・

中国はネットでも札付きのテロ国家ではないか







中国は、まずこれを理解することが前提だ
投資も企業進出も外交も、こいつを織り込まないと話にならないのだ

中国の基本的特徴:

言論の自由や報道の自由は無い
基本的人権は無い
中国共産党による独裁国家
少数民族の弾圧・虐殺―21世紀のナチス
汚職社会―政府幹部と共産党幹部による巨額収賄
金融機関や国営企業の情報の透明性は無い
政府統計のデータは捏造され不正確
著作権などの権利を無視の模倣社会

Basic Feature of China:

No freedom of speech and no freedom of the press
No fundamental human rights
Autocracy by the Communist Party of China
Suppression and slaughter against minorities: Nazis in 21 Century
Graft society -Large amount of corruption by government management and
management of the Communist Party of China
No transparency of information for financial institutions and
national enterprises
Fabricated government statistics- inaccuracy
Imitation society disregarding the fundamental lights,
such as copy right




経済と平和のためには・・これが必要になるということである
アメリカはすでに手をうっているであろうが・・・・



世界は中国をどう見ているか・・・・・・・・・・・・・・・・









また、中国は、相手国を恫喝するために、デモなどを国や党が組織して行動させる―宣伝・公安部門の仕事だ
これもまた、ゴロツキ国家・暴力団中国共産党の普通のやり口なのだ―相手への恫喝・脅迫なのだ
絶対主義国家の中国では、へたにデモなどをやるといとも簡単に逮捕される
そんな国で国民も簡単にはデモなどはやらない−自分の直接の利益にもならないことはやらない国民だ
それが大規模なデモや破壊などの乱暴行為をするのは、国と党が組織して行わさせているということだ
いわば、国営・党営の反日デモや乱暴行為というわけだ
中国は、中華暴力団共和国であり、党は中国暴力団共産党なのだ



暴動の実働部隊は警察が組織・・・・・

反日暴動は、中国の警察が組織して暴動を起こす現場にバスで送りこんでいる
警察が暴徒にペットボトルの水を提供している
完全に官製の暴動である―中国はテロ国家の証明だ
政府と党が指示して全国でこれを行っている
警察が組織して暴動を起こしているので、それを警察が制止などをすることはありえない

中国外務省の洪磊副報道官は9/18の定例記者会見で、中国で発生した反日デモを含む一連の抗議行動は
「民衆の自発行為」と強調している―政府が指示して中国警察にやらせているのに、このように大嘘をついてい るのだ

ネット掲載で・・・・その状況が報告されている

警察は集まった人を効率よく日本領事館のある古北行きの貸切バスに誘導した
集合場所ではプラカードを掲げたりスローガンを叫んだり立ち止まったりしてはいけない
バスにはさっさと乗らないと取り残される
見物したら殴られる
警察は拡声器で「反日はこっち!領事館までバスで送る」と呼びかけていた

警官とともに並ぶ暴動要員の若者―暴動・破壊が目的なので頑丈な若者を集めている




(C)大紀元

 今回の反日デモの5つの特徴―ネットユーザー掲載のもの

 1.多くの都市で同時多発―100都市
 2.破壊隊は人数は多くないが攻撃力が強く、どこの都市もほぼ全員が青・中年男性で、集まるとすぐに狙いを定め、とにかく破壊
 3.警察は暴動を強制的に制止しようとしない
 4.国営メディアは暴動行為をいっせいに「愛国行為における過激な表現」と定義
 5.暴動を撮影した写真はすぐに削除される

Five features of this anti-Japan demonstration:
1.It occurs frequently simultaneously in many cities- 100 cities.
2.Offensive strength is strong, mostly of the members are youth and a middle-aged males, destructive parties
will aim, shortly after gathering, and they destroy it anyhow.
3.The chinese police do not control a riot compulsorily.
4.National media define a riot act as "an excessive expression in a patriotic act".
5.Pictures which photoed the riot is deleted immediately.

ビジネスマンも、どんな難癖をつけて逮捕されるかわからない―かって、案内がいたのに撮影禁止区域の
写真を撮ったとして軟禁されたことがあった―これからはこのようなことが日常化する

会社関係も、労働争議が即座に暴動になり、会社はつぶされることになるだろう―背後には政府・公安がいる
会社の機密などは盗まれ放題だろう―以前から、中国にはサーバーは置くなと言われている
従前からこのページで主張してきたが、特に中国はまともな人間社会ではないのだ―国家・中国共産党・
国民が一体で暴力団なのだ

The probable leaders of the riot:
中国で暴動を裏から指示しているのは・・・・

裏で糸を引いているのはこの二人であるのは間違いないだろう
反日のほか、中国政権の経済改革開放派にも脅し・圧力をかけているのだ
They also put under a threat and pressure for the economic-reform opening group of
the China government.





2012年9月の尖閣列島の国有化問題でも、ごろつき国家とごろつき中国共産党の指導の下に、各地で暴動が 行われた
暴動はゴロツキ中国政府とゴロツキ中国共産党による恫喝・脅迫の手段なのだ
The riot was done at various places under the lead of the hooligan nation and hooligan Chinese Communist Party.
The riot is a means of the threat and the threat by Chinese government and Chinese Communist Party.
このような中国人は人間ではなく、動物の部類に属するので、動物としての名前を付けてやる必要がある
それにしてもこんなに暴動を起こす動物は地球上にはいない−動物が迷惑するので動物以外にしてくれとクレームを動物からつけられるかもしれないぞ
動物以下のものを相手に商売をするのも難儀なことだ








(C)777News/2012/9/(C) REUTERS





中国のゴロツキ暴徒は、日系企業を襲って、破壊と略奪をしている―単なる暴徒であり泥棒、強盗なのだ
路上では日本人に暴行をはたらくという無法ぶりだ
更には、イタリア大使館の公用車を襲撃するなど、何が目的なのか不明な状態―要するに暴動・略奪が目的となっている
これらの暴行・略奪について、中国政府は、暴徒に責任は無く、原因を作っている日本に責任があると声明している
あきれ返った話だ、政府が暴徒の行為を支持し正当化するのは、中国政府自体が暴徒て無法者と言っているに等しいのだ
原因は、歴史的にも実態的にも、まったく領土権などが無いのに、大陸棚開発が国際的なテーマとなったとたんに、
尖閣諸島を自国の領土と捏造して主張し、国民を扇動してきた中国政府こそが原因を作っている−ゴロツキの論理そのものだ

暴徒の暴走はとどまるところを知らない・・・・・

中国のアウディの支店で「日本人皆殺し」の垂れ幕が掲示された
「華夏がすべて墓になろうとも、日本人は皆殺しだ! たとえ中国に草木がなくなろうとも魚釣島を取り戻せ!」
(「華夏」という言葉は、漢民族および漢民族を中心とした中華思想における中国のことを意味する)
「日本人皆殺し」などと掲示することはテロ人種であることの証明だ−テロ人種を採用している企業はなんなのだ
アウディはドイツ車だが、ドイツは暴徒中国の味方なんだ・・・・・これでは日本ではドイツ車 は売れなくなる



中国のユニクロが「尖閣は中国の領土を支持」を掲示
日本ではユニクロは反日企業として猛反発







マスコミが中国の正体や実態を十分に知りながら報道しないのは次のような理由が
あるからだ

本当の姿を書くと、マスコミは、記者の入国ビザを発給してもらえなくなる
ビザが無いと中国に入国できないのでどうしようもないわけだ―外国の報道機関の中国
報道について、各国にある中国大使館がチェックしているということだ

それに、中国の正体や実態を報道すると、中国人は逮捕・監禁されるが、外国人報道関係者はさすがに
そうはいかないので、取材妨害をして仕事ができなくなくなるのだ−これが中国暴力団国家の
公安の重要な仕事なのだ

The reason which is not reported while the press fully gets to know
the truth and actual conditions of China:
If the press reports the truth, Chinese Government will not issue the entry
visa to China for the press people.
This is the suppression of free speech of foreign press by China.







Country Risks of China



以前から、中国への投資・企業進出については、カントリーリスクが高すぎると言ってきたが
そのとおりになってきた―今頃気が付くのは遅いけど

改めて今後も含めた中国のカントリーリスクをまとめてみると・・・

他国との政治問題があれば、暴動・破壊活動となる―中国政府と中国共産党が関与して扇動・拡大するため
 ―日本のみならず、すでにフランスもこの問題は生じており、中国は相手かまわず公的(?)暴動・テロを発生させる
 ―まさに国営のテロだ
国内政治問題を転嫁する暴動が中国政府と中国共産党が関与して発生する―ガス抜き暴動
物価上昇・賃金上昇が著しいので、中国の低賃金などの進出上のメリットは消失する―
 賃金コストの他、資源価格の上昇も、中国の製造業立地メリットを消滅させていく
 2013年時点ですでに中国企業自体が賃金コスト高騰から東南アジア等に進出している状態にある
金融機関の透明性が確保されていない−闇預金と闇融資―シャドウバンキングの破たんによる信用不安―
 中国の地下金融、シャドウバンキングの累積金額は、2012年で29兆元、約464兆円に膨れ上がっている―
 これは2011年の中国のGDPの66%にも及ぶものである
地方政府、国営企業の過大な設備投資・大量在庫と負債の問題―今後、経営破たんする
電力などインフラの供給に問題がある―インフラの提供制限とコスト上昇、短期では解決されない
労働争議は暴動となる―国民の資質の問題と公安や党宣伝部の扇動・関与がある
企業機密が維持できない―従業員は泥棒と同じ、あらゆる企業情報が漏えいする
法整備がなされていない―著作権などの権利は守られない
中国政府が通関などの妨害工作をする
社会の公平性に問題―許認可などの行政対応は恣意的である―特に政治問題がからめば企業活動は妨害される
―また、政治問題化すると通関なども遅延したり、条件を不当に強化するなとの方策をとる
中国経済はユーロ問題などで大幅に減速している−住宅バブル崩壊も含め経済がクラッシュする可能性がある
中国でバブルが崩壊した場合の貸し倒れ損失は、18.6兆人民元(約297兆円)に上るものと試算されている−
 アメリカのゴールドマンサックス、2013年
経済減速・クラッシュは雇用不安から暴動を生む―すでに学卒の就職難が顕在化している
中国は現時点では世界の工場だが、数年でこの位置は消失し、製造品の輸入国になりうる―このため、
 中国企業の倒産と膨大な失業の発生により暴動が手を付けられないほど発生する社会となる―社会不安が更に拡大する
政府の統計が全く信用できない−統計データが恣意的に作られている可能性が高い―投資や企業活動の指針に使えず―
 GDP、経済成長率、貿易統計、設備投資など基本的統計指標がすべて捏造されており、全く信用できない
反日暴動の影響、為替、東南アジアへの進出変更等で、製品・食品の日本向けの輸出が減少や停止している
 ―円安や日本の消費者の心情・反発から


Cuntry Risks of China:
With political issue, Chinese government organize and execute riot
Disappearance of the advantage of Chinese low wage
Sharply slow down for Chinese economy
No transparency for financial institutions
Huge deficits for local governments and national enterprises
Labor disputes become riot
Lack of infrastructures
Unmaintainable for business secret
Chinese government's sabotage for administrative procedures,
such as customs clearance
Problem of the fairness of government administration
Incredible government statistics

中国に投資・進出している企業には、もう後の祭りかもしれない

今後は、他のアジア諸国等にシフトせざるを得ないだろう−ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、インド、
ミャンマーなどへ






中国でのビジネスは官僚・党幹部の汚職・横領と密接関連

国営企業や政府・共産党幹部関連企業が優遇され、利権が確保される
公共事業も同様―これに手抜きと政府・党幹部の横領が関連する
補助金や行政手続きにも同様に汚職・横領が密接に関連する
中国では透明性や公平性は無い

中国では政府と共産党幹部による巨額の横領・汚職が行われ、
全人代はその犯罪人の全国集会である

Business in China is closely related to corruption and embezzlement
by government officials and executives of the Communist Party of China

National enterprises and communist party officials connected companies
are treated well, and their profits are secured.
It is similar for public works: Corner-cutting is closely related to corruption
and embezzlement by the government officials and the communist Party executives.
Government subsidy and administrative procedures serve corruption and
embezzlement.
There is no transparency and fairness in China.

In Chine, enormous amount of embezzlement and graft by the government
officials and the executive of the communist party are done.
National People's Congress is a national meeting of the offenders.







中国はどこまでも成長していき、世界経済をけん引すると、少し前までは思われていた
しかし、北京オリンピック、万博が終わり、ユーロ危機が到来すると、様相は一変してきた
中国の成長が急激に鈍化してきたのだ―急落だ

特にヨーロッパへの輸出が激減して、中国の輸出関連企業がドミノ式に経営破たんし、経営者が夜逃げ
しているのだ―これはすでに昨年から激増している
ユーロ危機のため、いくら安くても物を買うというような経済状態ではないので当然だ−これは今後とも続く

中国の統計は真実は語らないし、都合の悪いデータは、修飾するか公表しないのだ―捏造統計だ
これが実際の経済動向の把握や今後の予測をするのにきわめて始末が悪い
中国の報道機関が実態を報道しないので、更に都合が悪い−実態がわからないのだ

ところが、ネットなどで、輸出企業の破たん・夜逃げや市民へのインタービューなどが画像付きで流れるので実態がわかる―
こちらが真実を語っているということだ

経済成長率の動向も中国政府公表のものなど信用はできない−8%と言えば、本当はその半分ということも
ありうる―8%でも中国のこれまでの成長(二けた)から見れば、半減に近いのでえらいことなのだ
物価上昇率が5%と公表されれば、市場での庶民のインタービューからみると、10%以上ではないかと
推測できる―国際的な資源や食糧価格の急騰をもろに受けているわけだ

世界の工場が逆回転を始めたということだ―経済は、逆回転を始めると簡単には止められない
それまでに隠れていた問題が表面化して逆回転を加速するからだ

これからみると、場合によっては、中国は実質成長率がゼロかマイナスの可能性もある―良くて3%あたり
とても世界経済を牽引できる水準ではない



金融機関の破たん、または、極端な経営悪化―簿外の闇預金とその資金の闇融資で破たんする
 「資産管理商品」と呼ばれるものであり、高金利で簿外(記録なし)で預金され、その資金は金融機関が
 不動産業者などに闇融資しているもの―融資先が不動産業者等であるため不良債権化する
 これは、中国の銀行の公式なバランスシート・帳簿に反映されないため、莫大な簿外不良債権が
 経済の悪化で一気に顕在化する 

地方政府の巨額の不良債権・債務超過―地方政府への融資の受け皿会社(LGFV)からの融資が
 収益の上がらない無計画ともいえるインフラ整備に使われ、これが巨額で不良債権化する−
 一説では地方自治体の借金額は20兆1000億元(約250兆円)

金融機関の国営企業への融資の不良債権化―利益の上がらない投資による経営の悪化に伴い
 金融機関の経営悪化・破綻につながる―過剰なインフラ投資や不動産バブル崩壊で、中国国内銀行は
 20兆元/240兆円もの不良債権を抱える恐れがある(中国のGDP(国内総生産)は約570兆円)

鉄鋼などの基幹産業の過剰設備と異常な過剰在庫―国内外の需要の急減の反映―経営破たんへ

住宅バブルの崩壊による金融機関での不良債権の顕在化―巨額に上る

これらによる金融機関の経営破たん・悪化により融資の停止・圧縮がおこなわれ、実態経済がスパイラル的に
 悪化する

ヨーロッパのみならず世界中の公的部門が緊縮財政となり、中国の輸出が大幅に減少する―
中国の国営・民間企業が破たんしていく

欧米企業はすでに投資を減少―米国やフランス、オランダなどは2011年に対中直接投資を前年から2〜3割も減少させた

経済の縮小に伴い、莫大な失業者が発生する−暴動が更に頻発して社会・経済活動を大幅に
阻害する

賃金水準が更に上昇して、世界の工場としての立地メリットが数年で消滅する―これに伴い、
海外からの投資・企業進出は停滞する−これで、新規の雇用は制限され、深刻な雇用問題が
発生する−これも暴動を頻発させる

失業者の増加が、中国国内の需要を低下させ、海外輸出による需要の低減も重なって、中国経済の
成長を低成長に押し下げる―失業者の増加は暴動を更に多発させる

2012年の尖閣問題による反日暴動の対応にみられるように、中国は、警察が暴動を組織扇動する
テロ国家との認識が世界に広がり、投資や企業進出が減退するととともに、進出企業の他国への
移転が進展する―投資・企業進出の最大のリスク

高齢化の進展に伴い、億人単位の高齢者が今後発生し、これが巨額の公的負担を増加させる
―国家財政の破たんにつながり得る

Management deterioration and failure of financial institutions in China-
Off-book dark deposit and its dark financing
Enormous amount of bad loan and liabilities in excess of assets of local governments
Financing to the national enterprises become bad debt
Excess production capacity and surplus stocks by key industries, such as steel
Exteriorization of the bad debt in the financial institution by the collapse of the house bubble
Public sections in Europe and the world become the curtailed budget, and export by China largely decreases
Large decrease in export makes fails of national and private enterprises
Vast unemployed population will be produced by reduction of the economy and it makes
another riots
Decrease of the investment from foreign countries
Increase of the unemployed population reduces demand in China, and the reduction of the demand
by export will make low growth economy in China
A large amount of public burdens increase with population aging


中国が世界の工場は終焉・・・・

賃金が上昇―すでに他のアジア諸国と比較して競争力喪失
労働運動が暴動化
政府・警察が暴動を組織
インフラの未整備
特許権・著作権の権利意識が無い

欧米や日本の企業は他の東南アジアの国に
移転開始―主要企業は昨年からすでに撤退している

中国の企業は倒産―不景気へ―輸出関連企業倒産・夜逃げは昨年からすでに増加
中国の雇用が大幅減少―失業が増加
暴動が増加―反政府暴動に発展する

End of the Factories in the world for China:

Due to:
Wage increase
Labour union movement becomes riot
Government/police organize riot
Lack of the infrastructure
No sense of entitlement for patent and copyright

European, American and Japanese companies begin moving to
other Asian countries

The enterprises in China go bankrupt -
The employment of China decreases - Unemployment increases
and the riot increases










ゴロツキ国家で作られた製品は購入しようとは思わない
自分の財布から金を出して買うのに、こんなにひどい国のものをなぜ購入しなければならないのか

通販のカタログやネット通販の製品には、中国と韓国の生産国表示をわかりやすく
してもらいたい

日系の企業は早急に他の東南アジアや国内に生産を移転してもらいたい
中国や韓国の製品は心情的にわざわざ金を出して買う気にならない

ぜひ、国内生産品を買おう―国内の雇用が増える
Buy the made-in-Japan products.
It increases the employment in Japan.



アメリカだってこの運動をして
国内雇用を増やそうと必死なんだ




日本人皆殺しと言っている国で生産された食品は何を混入されたりしているかわからないから
危険でとても安心して食えない

中国で生産されたり、加工している食品の輸入は止めてもらいたい

食品は信頼性が崩壊したら最後だ

中国で生産したり、加工しているものは、他の東南アジアなどで生産・加工するか、日本の
国内生産にしてもらいたい






ということなのです

だから、日本としては、尖閣列島には施設を早急に整備して完全に実効支配下におけばいいのである
もちろん、海上保安庁と自衛隊が常駐することとなる

整備する施設は・・・

レーダーサイト(気象用レーダー、艦船用レーダー、航空機・ミサイル探知・早期警戒レーダー)
潜水艦探知用ソナーシステム(海底に設置してオンラインリアルタイムでモニターする)
気象観測システム(アメダスにもデータ提供)
ヘリコプターポート(オスプレイの訓練用にも使用する−戦時には中国大陸に飛行するので最適の訓練場所である)
船舶用船溜まり
海上保安庁と自衛隊の常駐用建物

To prevent the invasion by China, follwoing facilities should be built as quickly as possible.

1Radar sites (radar for weather, radar for naval fleets, airplane, missile detection and early warning radar)
2Sonar system for submarine detection
3Weather survey system
4Helicopter port (use for training of Osprey)
5Port for ships
6Buildings for the Japan Coast Guard and the Self Defence Force






日本は輸出立国であり、不出しないと経済がもたないようなことを経団連や政府がいっているが
これは大嘘だ
輸出はGDP全体の15%くらいで、残りの85%は国内の需要なのだ
だから、輸出が少しくらいどうにかなっても平気の平左なのだ

経済の輸出依存度は中国も韓国もベラボーに高い―輸出が減ったら経済がおかしくなるのだ
韓国ではGDPの半分近くが輸出だ

日本人は皆殺しだと言ってる中国の製品などは胸糞が悪いから金なんか出してカワネ―
と言って実質、全国で不買が起こったら、中国からの輸出が減少することになる

ただでさえも、ユーロ危機などで世界の需要が減少しているときにGDP三位の日本への輸出が
激減でもしたら、両国ともえらいことになる

特に中国では、雇用の大減少を招いて、暴動が更に激増する−社会不安から、中国政府への
攻撃ということになるだろう―中国では、年間2万件くらいの暴動が発生しているが、これが
とんでもなく増えるだろう
また、ユーロ危機による貿易減少、これによる国内輸出関連企業の倒産の増加で新卒の雇用は危機的
な状況となっている−これにも火をそそぐことになるだろう
中国では雇用の暴動と企業倒産が増加する



中国や韓国を懲らしめたい人は、中国産や韓国産の製品を不買しよう

これで、中国に進出した日本企業が中国を止めて、他の東南アジアやインドに移転してくれれば、
いいことなのだ
また、中国企業から輸入していたものが、他の東南アジアやインドの企業にふり替われば、
それもいいことなのだ


Go to Part 2