イギリスのEU離脱がアベノミクスを
崩壊させる










無料ソフトウェア集






    

    







     










  



















































アベノミクスの国会等での答弁・説明は大嘘
のオンパレードだ



馬鹿国会議員はちゃんと勉強して反論・論破すべきだ





日本経済は良くなっているの大嘘・・・・・・・・・・・・






(C)財務省経済研究所




賃金は上昇してるの大嘘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







有効求人倍率が上昇しているから日本経済は良くなっているの大嘘・・・・・











税収が増加しているから日本経済がよくなっているの大嘘・・・・・・・・・・・・・







日本経済が良くなっているので企業倒産が減少しているの大嘘・・・・・・







(C)東京商工リサーチ


結局、アベノミクスは・・・・・・・・・・・・・・・







国民を貧乏にして苦しめるアベノミクス・・・・・・・・・・・





アベノミクスはやっぱり詐欺だ・・・・・・・・・・・

2016/5末、安倍総理は、与党で消費税の増税を2.5年延伸を提案した

その理由が、世界の経済は、リーマンショック級の下振れリスクがあるというものだ

これは、2016/5のG7会議で議論されたとしているが、他国からは、そのような下ブレ
リスクがあるとまでは言えないとして、宣言にはまとめられていない

それなのに、議論があったことで、世界の経済は、リーマンショック級の下振れリスクがある
から消費税の増税延期の理由にしている―参加国で同意されていないのに

これは、議論のすり替えというよりは、詐欺師が捏造した理由そのものだ

国内消費、経済はアベノミクスで回復はしなかった、全体の物価も上昇なんてしていない
どうしようもない状況なのだ―何年経っても2%なんて上昇しない

実態は、円安で、日常の消費財を中心に国内物価が上昇したが、賃金は上昇しておらず、
このため消費は全く増えない―国民は支出が増えて生活が苦しくなっただけ

円安でも輸出は数量ベースでは対して増えていないので、日本経済全体では、高い輸入価格を
払わされて円が流出しているということだ−国、すなわち国民が損をしているということだ

外人観光客が増えているというが、爆買いなどでたとえ2兆円増えてもGDP500兆円からは目くそ・鼻くその
規模なのだ−円安のためお金が国外に流出している額の方が莫大だ―これを払っているのは国民なのだ





前回衆議院選挙の公約が実現できず、アベノミクスは失敗となっているのだから、安倍内閣は総辞職するのが
当然の帰結だ

この片棒をかついで、物価上昇に失敗し、マイナス金利というでたらめな金融政策をやっている
黒田日銀総裁もこれまた当然に責任をとってとっとと辞任すべきだ


堂々と大嘘をつく詐欺師―国民への決意を反故にし、アベノミクス失敗を隠ぺい


消費税の増税延期は、2014年11月に続いて2回目だ

2014年11月18日の記者会見で、安倍総理は次のように述べている

「来年10月の引き上げを18ヵ月延期し、そして18ヵ月後、さらに延期するのでは
ないかといった声があります。再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりと
そう断言いたします。平成 29年4月の引き上げについては、景気判断条項を付すこと
なく確実に実施いたします。3年間、3本の矢をさらに前に進めることにより、必ずや
その経済状況をつくり出すことができる。私はそう決意しています。

前回の衆議院の解散では・・・・

「税制は国民生活に密接にかかわっています。代表なくして課税無し。アメリカ独立戦争
の大義です。国民生活に大きな影響を与える税制において重大な決断をした以上、また、
私たちが進めている経済政策は賛否両論あります。そして、抵抗もある。その成長戦略を
国民の皆様とともに進めていくためには、どうしても国民の皆様の声を聞かなければ
ならないと判断いたしました。信なくば立たず、国民の信頼と協力なくして政治は成
り立ちません。」 

これだけの決意を国民に示しておいて、できなかっ た、そして、
やれないのであれば、
内閣総辞職するのが筋だ
−詐欺師でなければ、痴呆症なのだろうか






イギリスのEU離脱の日本への影響・・・・・・・・・

アベノミクスはイギリスのEU離脱の余波で完全に崩壊・・・・・





アベノミクスは円安に誘導して輸出を増やして景気を良くして、物価上昇させて
消費税を更に増税して・・・というのがもくろみであるが、これまでは、輸出も
数量ベースでは対して増加していないし、物価2%上昇も3年経つのに実現できない
景気は、大企業だけが少し改善されているが、国民の8割はなんの恩恵も受けていない

円安による輸入物価の急騰―3割は上昇している―のため、日常の食品価格等は
大幅に上昇して年金生活者や中小零細企業の従業員や非正規雇用の労働者
を苦しめているだけの状態だ −GDPの6割を占める消費が全く増加しない状態だ

このような状況で、2016/6/25にイギリスの国民投票でEU離脱派が過半数以上を
占めて、勝ったためEUからイギリスは脱退することとなってしまった

これで、通貨は、ポンドとユーロは急落し、円は急騰した― 一時99円台となった
これは、円が相対的に安全な資産として、他の通貨を売って買いとなったためだ
また、ドルは、EU離脱問題のため、金利を上げられなくなって、これに世界景気の低下も
含めてドルは買えなくなってしまった

これらにより、円が買いこまれて円高となっている −この状況は当面続くであろう
財務省は、急激な変動には介入するかもしれないとちらつかせているが、他の通貨
不安が続く中では、円高基調は変わらないので、介入してもすぐに円高にもどして
いくだろう

当分の間は、円高基調になると考えられるー100円前後がベースになるだろう
もちろん、動向によっては100円割れも十分にあり得る

このため、日本企業の輸出には悪影響が当然に及ぶし、いままで円安で
ドルを円にして為替差益を上乗せしていたものが無くなるので、日本の
輸出企業の収益は悪化することとなる

もともと、これまでの円安の時期でも数量ベースでは輸出はそんなに増加していないので
円高にふれたら、なおさら、輸出は増加しない

世界経済は、中国経済がほとんど崩壊状態、資源国の景気崩壊・財政の悪化、EUの
景気の低迷・高水準の失業者数という状況であったものに、イギリスのEU離脱という経済の不安定・
低迷要因が追加されたので、世界経済の低迷がますます確実になってきたと言える

このような状況で、世界の株は上昇のしようがないものであり、これは日本も同様である
これで株は当面は低迷の時代に入ることとなるだろう

イギリスのEU離脱手続きは、開始してから2年間を必要とするので、離脱問題が世界経済に与える
影響が長期間続くことになる−イギリス経済とEUの経済の不安定要因が長期にわたって
世界経済の重しになるということだ

イギリスのEU離脱でイギリス経済がどのようになるかに注目されているが、より心配すべきは
EU自体である

まず、イギリスのEU離脱により、オランダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどの反EU勢力が
台頭してきて、国民投票などの実施により、離脱連鎖の動きが出てくることが予想される

イギリスは世界で第五位のGDPを持っている
この国が離脱することにより、EUの予算は10%以上削減される
更に、域内の経済危機への対応能力が大幅に低下することになるーつまり、資金力のある旦那が
抜けることとなるので、域内で支援が必要な経済危機が生じたとしても、残った国で対応を
しなければならなくなる―ドイツやフランスの財政・金融負担が増大することになる
そもそもギリシャのように経済規模の小さい国でさえも対応に苦慮しているのが現状である
EU本体の脆弱性が増大することは確実である

EUは中東やアフリカからの大量の難民問題を抱えている
もちろん、ISなどによるテロの拡大も懸念される―ヨーロッパを混乱させる絶好のチャンスと
みるからだ



EUが分裂し崩壊する恐れがある
また、ユーロという通貨が無くなってしまうこともあり得る
これらは、想定内の出来ごとになってきた

世界の政治と経済は、このようなとんでもないリスクをかかえていくことになる
これが世界経済の重し・リスクになることは間違いない―しかも長期間続くことになる
もしEUの崩壊・ユーロ通貨廃止になれば、世界で金融恐慌、経済恐慌が発生するだろう

EUが崩壊しなくても、現在のイギリスのEU離脱だけでも、金融危機が発生する
危険性はある



円高傾向は止まらない
輸出は伸びない―もともと数量では増えていないが・・・
輸出企業の業績は低下する―円高にイギリス・EUの景気悪化が加わる
雇用にも影響が出てくる
賃金は低下傾向になる−実質賃金はずっと低下してきているが・・・

このような状況になってしまったので、アベノミクスは身動きがとれなくなり、実質的には
破綻してしまったと言うことだ−これまでも本来の目的からはなんの成果もあげていないので
破たんはすでにしているのだが・・・・

年金生活者や貧困者、そして中小企業の従業者、非正規雇用の人たちにとって、円安にする
アベノミクスは、生活を苦しくする迷惑以外の何物でもない―生活破壊の元凶だ
輸出関連大企業は収支が悪化してボーナスなどが減額になるが、大企業従業者は全体の15%くらいなので、
ほとんどの国民にとっては、円高になって、消費財の価格が低下する方がはるかに有益なことだ

つまり、アベノミクスが破たんして円高になり、輸入するものがどんどん安くなることは本当に助かる
ことなのだ―アベノミクスの前のように円高(1ドル70-80円)で毎日購入する食品や外食の価格など
消費財等の物価がどんどん安くなるのは天の助けである

イギリスのEU離脱と世界経済の混乱は、もともと収入・賃金が増えない者にはありがたいことなのだ
EU離脱万歳!!!! がんばれイギリス

イギリスの進出している日本企業は1000社(投資額1兆円)ということだが、日本政府は、これらを支援すると
いっているが、冗談はやめてくれ

海外進出は、日本での雇用を切って外国(イギリス)に行っているのだし、そもそも、自分の判断で海外進出したので
あるから自己責任で自分で始末をつけるべきものだ
税金を使うなどとんでもない
経営判断の誤りは自分で負担すべきものだ
税金は、保育の充実や生活保護の拡充等国民に使うのが筋である


イギリスのEU離脱問題の本質と世界経済への影響は・・・・・・・・・・





世界の予想に反してイギリスでEU離脱派が勝利した 理由は・・・・・

ネットで評判になっている・・・日本人が一発でわかる離脱派が勝利した理由の
画像はこれ・・・・なるほどわかり易い!!!とてもじゃないが我慢ならないわ


(C)テレビ朝日

大きな理由は・・・・

根にあるのが、国家主権がEUに奪われていて、自分の国のことが自分で決められない
 ―離脱が独立記念日という表現に代表されている
EUのルールにより不当な制約を与えられている―漁業、中小企業など
移民の自由化が自国民の雇用を奪い低賃金化している―特に労働者階級の
 大きな不満につながっている
移民増加のため移民によって社会保障の支出が奪い取られている―例えば、医療などのサービスを
 イギリス人が受けるのに不便になって来ている
EUの官僚主義に対する反発―高額の給与と国家主権の収奪の元凶ととらえられている
グローバリズム・金融資本主義とそれによる格差拡大への反発―労働者階級による反発と
 イギリス政府の政策自体への反発


このような理由は、EUの加盟国に共通するものであり、オランダ、フランス、スペインや
ドイツでさえも、反EU勢力が台頭する原因になる −EUが理想とする共同体に限界が
来ているということだ−EUは崩壊する道を歩くことになる


これはつまり・・・・



 イギリスのEU離脱が、実は、グローバル経済の崩壊の序章かもしれないのだ

 世界は、先行きが見えない、恐怖と不安の経済に突入したのだ

 世界恐怖経済時代

 こうなると、いつ株価が大暴落して世界恐慌になるかわからない

 株投資も債券投資も危険極まりないことになる





 日本の年金の株投資の推進が年金資金を崩壊させることになるだろう
 アベノミクスでは年金資金は株の買い支え原資になっているからだ

 政府はリーマンショック級の経済危機の場合のGPIFの株投資による損失は26兆円と
 国会で回答している―これからみると・・・・




円相場と世界景気の動向は・・・・・・・・・・・



   消去法でいくと他の通貨が暴落などをするなかで、円が安全資産として買われることは
 今後も続くことになる
 EUの崩壊の危険度が上がり、世界経済の停滞が続けば、円は更に高騰することとなる
 どこまで上がるか予測もつかない
 円高傾向では、日本の輸出は停滞するこことなり、海外から受け取る円換算も低下していく
 こととなる
 円高で物価が低下して喜ぶのが、全体の8割の中小零細企業の従業者と年金生活者や非正規雇用者である
 また、円高のため、雇用が低迷し賃金も伸びず、国内需要が低迷することになり、日本の景気が良くなる
 ことは無い
 円高で、外国人旅行者の増加にも陰りが出て、その購買も低下することとなる




中国経済の崩壊、資源国の低迷などにより、需要の減退と供給過剰である世界経済に、
EU離脱によるイギリス経済の停滞とEU本体の国々の景気後退が加わることとなり、
世界経済はますます低迷し後退していくことになる
資源価格はますます回復しにくいことになる
これから、EUの崩壊が始まれば、金融危機から世界恐慌という最悪の事態もあり得る
EU離脱問題が厄介であるのは、長期間混迷が続くことである
世界経済の重しが長期間に及ぶこととなり、全世界の停滞が継続することは世界的な経済危機を
起こしやすくなる―しかも、金融危機から世界恐慌までシナリオにいるのが恐ろしいところだ





この問題に関連して金融危機が発生するなら、ドイツの大手銀行の経営危機が顕在化することが
スタートになる

そもそも、ドイツの大手銀行は、イギリスのEU離脱の前から、経営危機が問題視されていた―
経営危機は次の点である―ドイツ最大手のドイツ銀行の経営危機があり、アメリカのFRBが
ストレステストで、同行とスペインの子会社が不合格であると判定している

中国経済の大減速・巨額不良債権発生と実質経済崩壊により中国投資で巨額のこげつき・損失が発生している
パナマ文書に関連した巨額損失の発生がある
排ガス不正によるフォルクスワーゲン融資関連での巨額損失が発生した―更に巨額の追加融資が必要となる

これに、今回のイギリスのEU離脱問題が追加されることとなった

つまり、ドイツの銀行はイギリスにも多額の融資をしており、ポンドの暴落による為替差損の発生とイギリス企業
の経営悪化による融資分の今後の損失発生が懸念されている

EUのなかで経済面では優等生のドイツで大手銀行が経営危機になると、当然に、影響は世界に
及ぶこととなり、世界での金融危機に発展する

EU離脱によりイギリスとEU各国の経済は停滞・悪化するので、ドイツはもちろん、EU各国の銀行は
不良債権の増大と経営の悪化、資金不足に陥ることとなり、金融危機が発生しやすい環境が整うこととなる




 次の指数の動向には厳重注意・・・・・・・・・・・・

 経済危機になるときは金価格は上昇する
 VIX恐怖指数は急上昇する
 
 金価格の動向

 VIX恐怖指数の動向

 
  VIX恐怖指数日足チャート(6ヶ月)




EUが持っている基本的問題はこれだ・・・・・・・・・・・・・・・・


最初のECの発足当時から指摘されていた根本的問題である
これが、貿易から人の移動まで統合のレベルが上がるにつれて矛盾と各国国民の反発として
露呈してきたと言える
ついに、我慢しきれずにイギリスのEU離脱という事態になったものだ

わかり易く言うと、貿易の自由化等にとどめておけばいいものを人の移動の自由化を入れたため、
経済格差と制度格差のあるなかでは、大量の移民が有利な制度の国(例えばイギリス)に
押しかけて、その国の国民の雇用を奪い社会保障費を食い荒らしているという結果に
なっているというのが現実なのだ−イギリス人が頭にきて、冗談じゃないとなったのだ





イギリスのEU離脱で本当に大変なのはEUの側だ・・・・・・








イギリスのEU離脱が及ぼす経済への影響図・・・・・・・・・・・・・



簡単にわかる影響図がこれだ

イギリスとEUの双方で経済の停滞と規模縮小が起こり、世界経済の混乱と停滞をもたらすこととなる

現在の世界経済の停滞のなかでこれが発生したことが大問題である

最悪の想定は、EUの実質崩壊と世界恐慌の発生である−あり得ることが恐ろしい



(C)www.mr-zero.info


イギリスのEU離脱問題が世界の経済に影響し始めた・・・・・・2016/7/6時点


日本では・・・・円は100円台に高騰してきた
         株は日経平均が 15,378.99円と低迷している

イギリスでは・・・ポンドが急落してきた
          不動産市場から資金が流出してファンドの取引停止が相次いでいる― 
           不動産価格の低下

イタリアで・・・・・不良債権問題が深刻化




イギリスEU離脱問題に隠れている重要な問題がこれだ・・・・・・・・・


それがグローバリズムに対する国民・貧困層の反発だ
これはそのまま日本にも当てはまるものである
安倍政権のアベノミクスは格差と貧困を拡大する性質のものであるので
運命は同じと言える

グローバリズムの終焉につながるかもしれない
―世界恐慌になれば一気に終焉となるが・・・







天気予報のWebサイトとアプリ




気象庁 | 天気予報

Yahoo!天気・災害

日本気象協会 tenki.jp

長期予報(1ヶ月予報) - 日本気象協会 tenki.jp

ピンポイント天気 - 天気予報 - ウェザーニュース


天気予報コム

GPV 気象予報/ スーパーコンピュータが予測する高解像度の天気予報

WeatherEye - お天気ポータルサイト

天気 | So-net

NHKニュース:気象災害情報 - NHKオンライン

ゴルフ天気Ch - ウェザーニュース

ゴルフ場の天気 /Yahoo天気

ゴル天|全国ゴルフ場の天気予報

ラ イブカメラと雨雲レーダー

山の天気予報

お天気ナビゲータ





天気予報携帯アプリ・・・・・・・・・


iPhoneアプリ

Androidアプリ
そら案内
日本気象協会



tenki.jp 天気・地震など
無料の天気予報アプリ



Yahoo!天気・災害/Yahoo!天気



ウェザーニュースタッチ



ピンポイント天気





Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ-



日本のお天気レーダー




世界天気時計




ゴルフ場の天気












  



射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿

Excel 2013と無料ソフトCalcの対比式図解

 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
初心者がワープロ感覚でホームページ作成

パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Acrobat 10とPDFの活用図解
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
Windows 7の操作法図解
Word 2010 図解―対比式でわかる
実例図解Access 2007/2010
実例図解FileMaker Pro 10
Word 2013操作図解

実例図解FileMaker Pro 11 最新版
実例図解無料データベースソフトBase
対比式Excel 2010 操作図解
情報源リンク型の統計用語辞典
10ソフトの操作図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Windowsの無料ソフト活用とLinuxで1万円パソコン
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更







Copy right reserved 2010/12/5



削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法 削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法
削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法 削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法
削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法 削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法
削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法 削除データ復元 Recuva ダウンロード・インストールと使用方法